アリスのトートバッグのできるまで

こんにちは、Atelier Aliceオーナー、イラストレーターの歓崎花鈴です。

先日、やっとショップのほうに、アリスのトートバッグを追加しました!

アリストートバッグ

お仕事が忙しく、なかなか撮影ができませんでした。

夏がくるので、ブルーのストールと合わせたら涼しげに^^

じつはこの絵が一番はじめに描いたアリスの絵です。

一年と少し前、5月のデザインフェスタにむけて制作しました。
今日は振り返りまして、このトートバッグができるまでの過程をご紹介したいと思います。

まずはサムネイルで構図を考えました。

alice_tenzikeikaku

これは額装のマットのところに柄をいれたいな、と思って描いていました。

子ども部屋にかざりたい華やかな感じ。

まだ実現していませんが、やってみたいです。

 

さてこの左上の案でいこうということになり、

実寸のラフを描いてみます。

img002

すごい汚いラフですが、この表情は気に入りました。

にこやかでないですが、周りに流されずいろいろ考えているアリス。

このときはまだ、衣装デザインをいただいていないので、お洋服は

自分で適当に描いています。

 

alice_bunko_h

もうすこしきれいに描いたもの。

この時点で衣装デザインを反映しています。

(お友達の、ドールのお洋服のデザイナーさんに考えていただきました)

「顔は別紙」とありますね。これは先に描いたラフのほうが表情がよかったので、

そちらで清書することに。

アリスイラスト

完成したのがこちらです。

まるでお料理番組みたいに出来上がりがさっとでてきますけど(笑)

清書するのがとても大変だったのを思い出します。

背景のキャラクターやモチーフが、なかなかに細かいんですよね。

でも苦労した甲斐あって、とても評判のよい絵となりました。

 

が、トートバッグにするにあたって、この線の細かさでまた苦労することに。

シルクスクリーンに向かない絵柄かもしれないので、

印刷していただく方に事前に相談し、なんと3度も刷りなおしていただきました。

一度は先方様の手違いでサイズが違っていて。
二度目は、サイズはよかったのですが、

線画太くなり・・・とくにチェシャ猫の毛並が濃くなって、アリスが目立たなくなりました。

インクがゆるいものに変えたばかりということでしたので、そうなってしまったみたいです。

そこで三度目は、イラストの線を細くなおし、再版でお願いしました。

手刷りなので一枚ずつ加減しながら刷っていただいています。

なので、微妙に一枚ずつ刷り加減が違うんですよね。

大量生産物とちがうところです。

DSC_0181

 

三度目の正直、これでやっと完成!

キャンバス生地の表面はでこぼこしているので、こんなにきれいに線がでているのは

本当に丁寧に刷っていただいているんだと思います。
毛並みなどはかすれたほうが、毛のような質感になっていいのですが、

職人さんはすべての線をきれいに出すことを目指してしまうんですね。

その辺の感覚の違いを埋めていく作業だったようです。

(普通ここまで個人作家につきあって刷っていただけないと思うので、本当に感謝です)

 

そんなわけで、秋のデザインフェスタに間に合わず、今頃のリリースとなってしまいました。

おかげで思いいれ深いバッグとなりました。

 

DSC_0172

チェシャの新色、ライトブルーのトートバッグとあわせて、涼しげな夏向き商品となりました。

どうぞよろしくお願いします。

チェシャはコンパクトサイズ、アリスは大きめで図書館バックみたいに何でも入ります。

本体:約360×370 マチ:110mm
持ち手:約25×500mm
素材:コットン 12オンス

 

この写真に一緒に写っている「ミニ額」も近々追加予定です。

ショップはこちらからどうぞ。

https://www.atelieralice.jp/product/

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^

 

IKEAの布でカーテン作り。模様替えの記録

こんにちは、Atelier Aliceオーナー、イラストレーターの歓崎花鈴です。
 
IKEAの布でカーテンを作ってみました。久々のミシンです。
 

rectangle_large_efbe47e61998f85c98775bac17e4cc5c
 

引っ越して1年経とうというのに

とりあえずの布を洗濯バサミで止めたままでした…

before

picture_pc_341d171de832b43399e7d91a45772d81

 

カーテンは柄が気に入ってもなかなかちょうどなサイズはなく、

結局オーダーメイドになり、予算かかりますよね。

 

縫うのはまっすぐなので、ミシンがあれば作るのもいいですよ。

 
picture_pc_eddec982f1dc9811705f2944d228ed6a

 

一人暮らしするときに、母からゆずってもらったジャノメのミシン。

安定しています。すごい長生きな家電・機械ですよねミシンって。

 

picture_pc_d3aec20c03cb235d212706629192bf84
 
こういう、縫い付ければフックがかけられてプリーツカーテンも簡単にできる、

プリーツテープなるものがあるんですね!いまどきは。

今回はフラットなカーテンなのでとても簡単でした。

after

picture_pc_fca582c726b9a6b5c00166e2cd83d4bb

 
ひだのない、ロールブラインドみたいな感じに。

おうちせまいので、ひだなしで少しでもスペース確保。

 

picture_pc_1fc23293bd068d703ef11f6cc2106fac
 
一気に北欧風。

お部屋明るくなって子どもたちにも受けが良かったです。

カーテンがきれいになると、壁紙の汚さが際立つ・・・

ので、早く壁を塗りたくなってきました。

セルフリフォーム長い道のりです。

 

 

洋裁は簡単なものしかつくれませんが、

アリスのモチーフを散りばめた布をデザインして、

いろいろ雑貨を作ってみたいなあと思っています。

楽しみです^^

 

 

 

にやにやチェシャ猫のトートバッグ

こんにちは、Atelier Aliceオーナー、イラストレーターの歓崎花鈴です。

今日は、ショップで人気商品のチェシャ猫トートバッグをご紹介します。

たかがトートバッグとはいえ、完成まで、なかなかにこだわった商品です。

チェシャ猫トートバック(生成り)

 

このバッグは昨年、秋のデザインフェスタ出展がきっかけで誕生しました。

コンパクトで使い勝手のいいサイズということもあり、ご好評いただいています。

もともと、チェシャ猫のデザインは、春にブローチのために考えたものでした。

 

チェシャ猫ブローチ大小

アリスのウサギブローチ

 

ブローチは、ウサギとチェシャ猫を作りましたが、断然チェシャが人気。

自分でもトートバッグが欲しかったし、うちの子どもたちにも

学校であれこれ必要な、音楽バック、図工バックなどに使えそう。

汚れても洗えて、リーズナブルなのも魅力です。

 

夏に「SUZURI」さんを利用して、試しにトートバッグを刷ってみまして

熱転写式なので一枚から刷れる、のがウリなのですが、

色が薄いのと、納品が2週間くらいかかる、お値段が高くなってしまうので

他の印刷屋さんを探し・・・

 

シルクスクリーンで刷ってくださる工場さんにたどりつきました。

シルクスクリーンって、プリントゴッコみたいに色ごとに版を作り、インクをのせて、

スクイージーみたいなので一枚ずつ手刷りするんです。

とてもきれいにしっかりインクがのるので、はっきりと印刷され、耐久性もあります。

 

質のよい商品を作りたい!という思いから、

こちらのシルクスクリーン印刷にしたかったのですが、

なにせチェシャ猫の図案が細かい毛のもようがあり、

この印刷方法に向かないかもしれない、線が出ないかもしれない、

という心配がありました。

チェシャ猫ブローチ図案

その旨を担当の方に伺うと、なんと。快くテストプリントしてくださり、

最初は線が太く出すぎてしまったので、こちらでデータを作り直したり、

刷られる職人さんがインクの固さや刷るスピードなどを加減してくださって、

細い線がとぎれることなく、はっきりとしたきれいな印刷になり

納得のいくトートバッグが誕生しました。

 

このバッグは現在4色展開中です。

それぞれの色が、季節や服装、用途によって生きてくるので、

ちょっとご紹介したいと思います。

 

cat_toto_gray02

グレーはどんな服装にも合うし、季節問わずで人気です。

汚れも目立ちませんし^^

猫好きな男性にも喜んでいただいています。

 

アリス雑貨

生成りは、イラストがはっきり見えるのがいいね、と

お友達にいっていただきました。

作家にとってはうれしい言葉です。

汚れやすいのが難点ですが、トートバッグは生成りのナチュラル感が定番ですね。

 

私は生成りは持ち歩かないでキッチンの壁にかけています。

インテリア雑貨として飾りながら、

中身はスーパーの袋とか、市の指定のゴミ袋がストックしてあります。

いつも使うものだけど見えると見苦しいものを収納。

 

square_rabbit_white02

10センチのマチがあります。

 

次はオレンジ。元気なビタミンカラーです。

チェシャ猫トートバッグ

私は服装の色合いが地味になってしまったときは、かばんをオレンジにして

挿し色にします。

たとえばモノトーンの服装に、ビビットなオレンジって

都会的なおしゃれ感でおすすめです。

冬場コートが地味な色のときも活躍します。

意外なところでは、子ども行事とかで大勢あつまって荷物がごっちゃになったときも

一目で自分のバックが見つかりますよ。

 

最後は、この夏、新色でデビューしました、ライトブルー

水色です。

チェシャ猫トートバッグ水色

これは私もお気に入りの色です。

さわやかなので、春・夏向け。

ボーダーのお洋服、紺やジーンズとも間違いなく合いますし、

水色というのは補色の黄色とあわせると生き生きしますよね。

なのでベージュ、クリーム色、からし色のトップスのときも合うかと思います。

 

このバック、われながら使い勝手のいいサイズで重宝しています。

コンパクトサイズのようでいて、A4ファイルが横に入り

中に入れたものも見やすくて取り出しやすい。

私はB5のノートやipadを入れて出かけています。

マチが10センチあるので、包んだお弁当をいれて持っていったり、

冬場スープジャーとか、かさばるのをつけるときなんかにぴったりです。

 

くたびれてきたら、子どもの上履き入れにしちゃおうかなと思っています。

出し入れしやすいので、横着な男の子に向いているかも。

 

以上4色、お気に入りの色は見つかりましたでしょうか。

リーズナブルなので、ちょっとしたお礼やプレゼントにも。

何かしら使えて邪魔にならないかと思います。

 

ラッピングサービス もありますので、ご利用くださいね。

お買い物はこちらでできます。

https://www.atelieralice.jp/product/

 

みなさんのおうちの収納や、おでかけに、活躍してくれるとうれしいです。

 

「不思議の国のアリス」水彩画の便箋ができるまで

こんにちは、Atelier Aliceオーナー、イラストレーターの歓崎花鈴です。

今日は、昨年秋のデザインフェスタ出展に合わせて制作した

アリスの一筆箋、企画から完成までをご紹介したいと思います。

アリス便箋

私は普段、イラストのお仕事をしていまして、

納品を終えると、請求書を先方様に郵送するのですが

そのとき一言御礼を添える一筆箋が重宝しています。

一筆箋って、封筒に折らずに入る、縦長封筒サイズの小さな便箋です。

ちょうど、デザフェス前にずっと使っていたのが尽きてしまったので、

この機会に新しいのを作ろう!と思い立ちました。

まずは大ラフ案を描いてみます。。。

アリス便箋ラフ

 
アリスとチェシャ猫。

アリスと時計ウサギ。

動物たちと駆けっこするアリス・・・

3案描いてみて、どれがいいかなーと考えます。

ウサギの絵は前回のデザフェスのとき、水彩画で描いています。

不思議の国のアリス イラスト

 
今回はデザフェスで一緒に出展する作家さんが、猫の雑貨がメインということもあり、

私も合わせることにしてチェシャ猫案にしました。

一番右の、駆けっこの絵は横構図なので、縦長の一筆箋には合わなそう。

これは次回に見送りです。

さて、この大ラフ案をもとに線画を仕上げます。

alice_ippitu_sen72

 

これを水彩紙に転写し、木製パネルに水張り。

 

アリス水彩画

 

よく乾かしてから、透明水彩絵の具で着彩していきます。

 

まずは薄い色から。

 

アリスの挿絵

 

何度も重ねて塗っていきます。この二本の筆で塗りました。

これでほぼ塗れたところ。このあとホワイトをいれて仕上げます。

チェシャ猫イラスト

 
チェシャ猫は、色鉛筆で毛並みをいれてみました。

ちょっとつぶらな瞳で、あんまりこわくないチェシャ猫になってしまいました~

アリス便箋

 

スキャナーでパソコンに取り込み、補正などをして

便箋の罫線と組み合わせ、

仕上がりをみるために一筆箋のサイズにおうちのプリンターで出力してみました。

うん、これでいけそう。

データを印刷の形式にして、前回もお世話になった印刷所さんに入稿しました。

待つこと2週間くらい。

そして完成したのがこちら!
 

不思議の国のアリス便箋

 

不思議の国のアリス便箋

 
とてもきれいに仕上げていただき、

淡い水彩絵の具もイメージどおりにできて、よかったです!

ほんとうに届くまでドキドキしていました。

自分のイラストが、普段使えるものになって戻ってくると嬉しいです。

この一筆箋はこちらで販売しています。

https://www.atelieralice.jp/product/alice_stationery/

 
産地直送ならぬ、イラストレーター直送でお届けしています。

普段使いや、ちょっとしたプレゼントに、いかがでしょう^^
 
 

ミントグリーンの壁で白い家具を引き立てる。セルフリフォームの記録

こんにちは、Atelier Aliceオーナー、イラストレーターの歓崎花鈴です。

古いおうちに引っ越して1年、お仕事の合間にセルフリフォームしています。

セルフリフォーム ペンキ

 

これまで白ペンキでちまちま塗ってるだけでしたが、先日、センスあるお友達がふたり、お手伝いに来てくれて、

ついにダイニングキッチンの壁に着手しました。

色は好きなミントグリーンにしようって決めていました。

築25年、前のオーナーさんはとてもきれいにお掃除してお住まいでしたが、さすがに壁紙は汚れていまして。

家具もたくさんあったので、跡がだいぶ気になっていました。

 

食器棚をどかすのは大変だから、見えるとこだけ塗ろうかな~と私が言ったら、

すかさずお友達二人に却下されました…

さすがこだわるクリエーターさんたち。がんばって食器棚移動。

どかした棚の陰で暗いですが、いよいよ塗り始めました。

picture_pc_726aa7501062f10f955982fb895ae20b

 

というかほとんど塗ってくださいました。

ローラーだと速いこと速いこと…

塗ってる時間より家具移動してマスキングしてる時間の方がかかっています。

なんでも準備のほうが時間がかかるものですよね。

 

picture_pc_d8f053aaec254ac195ce44e8cee27411

 

この色で塗るのは壁二面の予定。他は白で塗ります。今日はこの色だけ。

水性ペンキでにおいもなく、すぐに乾きます。

家具をもどしてみると・・・

 

 

picture_pc_f374efd276ed91558ea3aac82f75b441

びっくりするほどきれいに仕上がりました。

夜なので写真暗いですが。

一度塗りしかしなかったです。壁紙の上から塗ってます。

Before画像を撮っておけばよかったです。

 

picture_pc_acf0251f643849b343a356f85b5a70f7

 

壁が時計と同じ色になったら変かな?と思ったけど面白いですね、わざと合わせたみたい。
picture_pc_ff7aa02ba6faccc3889b2a42777e00f9

 

翌朝です。

白い家具が引き立つようにしたかったので、うまくいって大満足。

左側の壁は塗ると黒板になるというペンキで塗る予定です。
picture_pc_f25615c1eeed7ff2516843a1415510dd

 

トースターもきれいにして、ラナンキュラスを置いてみて。

いい感じです。
picture_pc_7ab7ebdc6caf89fe3fdfd2acf34a7007

 

薬棚にはお友達のフォトグラファーさんの写真集、アクセサリーが入ってます。

ドアは白で塗りたいです。

そして壁がきれいになると案の定、天井の汚さが目立つ…

天井を塗るのは大変でしょうね。
picture_pc_d32a20782b8c8c21535189fb33da09ba

 

パリの子ども部屋っていう写真集が好きで、そんなイメージをしています。

このあと訪れたお客さんにも好評です。

壁塗るだけでこんなに雰囲気変わるんだなって新発見。

ほかの色も試してみたいです。

 

水性ペンキは水で洗えて、乾くと耐水性になる、アクリル絵の具みたいな感じ。

匂いもなく扱いやすいです。

広い面積に色がはいると、がらっと雰囲気変わって楽しいですね!

今度は黒板ペンキにチャレンジしたいです。

 

Atelier Alice のショップの商品は、この壁を撮影コーナーみたいにして撮りました。

グリーンとも馴染んで、なかなかに便利です。

Hさん、Mさん、ありがとうございました。

square_rabbit_white02

アリス雑貨のお店☆ Atelier Alice リニューアルオープン

はじめまして、Atelier Alice(アリスのアトリエ)オーナー

イラストレーターの 歓崎 花鈴(かんざき かりん)です。

アリスイラスト

昨年のデザインフェスタ出展をきっかけに、ショップサービスのBASEさんを利用させていただき、

ショップを開設したのが12月でした。

このほど、独自でオリジナルショップ にリニューアルオープンしました。

お仕事のかたわら、こつこつと作業し半年たってしまいましたが、

なんでも手作りが好きなので、ついこだわってしまいます。

いろんな人にアドバイスしていただいたり、本当にお世話になりました。

ありがとうございます。(これからもどうぞよろしくお願いします!)

一度「器」を作れば、これからはのびのびと、おいしくてきれいなお料理を

楽しみながら作って、盛り付けていけるかと思います。

 

「暮らしにアートとデザインを」 を目標に

このサイトを訪れていただいた方が、

お気に入りの雑貨で日常を楽しく送れるよう、質の良いデザインを提案していきたいです。

 

アリス雑貨

 

こちらのブログでは、アリスを中心とした水彩画のイラスト制作過程を紹介したり、

デザインが商品になるまでのこと、

日常使いの雑貨たち、おうちのセルフリフォームの様子なども、書いていきたいと思います。

すっきりしてて、かわいいインテリアにあこがれています。

ちょっとした工夫で素敵になると、とってもうれしいですよね。

picture_pc_f25615c1eeed7ff2516843a1415510dd

 

アリスのこと

私は子どもの頃はアリスのお話しはあまり面白いと思いませんでした。

かなり児童文学好きな子どもで図書館の児童書コーナーを網羅するほどだったのですが。

物語は感情移入して読みたい子だったので、アリスのお話しはハチャメチャ過ぎたんですね。

アリスに自分が入り込む余地がなくてつまらなかった覚えがあります。

でも大人になって子どもをもち、

子どもたちがお世話になった幼稚園で、毎年オペレッタを上演するのですが、

「オズの魔法使い」や「不思議の国のアリス」はとってもビジュアルがすぐれた演目で

華やかで舞台映えがしました。

衣装をデザインされたお母さんたちのセンスがよかったこともあり、

色合い、形、キャラクターの多様性、登場するアイテム(雑貨)も好きなものばかり。

アンティークなもの、イギリスの雑貨、お庭も、動物も、もともと好きでしたから。

やっぱり、だからこそ多くの人に支持される名作なんだな、と改めて思いました。

alice_46_ura_a_72
そして原作を読み返してみると

アリスの性格が、型にはまったプリンセスキャラでなく、

見た目かわいらしい女の子なのに(ジョン・テニエルの挿絵すばらしいですよね)ヘンなものが好きというか、

たくましいというか、こういう強い女の子、いるなあうちの子のお友達に・・・

破天荒なようでいていっぱい考えている、周りに流されず本人なりの理屈を持ち、

ヘンな生き物や権威者におびえない、強いアクティブなアリス、というイメージをつかみまして

それはかわいらしくお人形のようになったり、マーク的にアレンジされた、今よく見かけるアリスとちがうのです。

それでわたしはそういうアリスを描いてみたいと思いました。

 

そして何でもありの不思議な国は、「赤毛のアン」のアンの言葉を借りれば

「想像の余地がふんだんにある」素敵な舞台です。

わたし好みの「不思議の世界」にアレンジしてご紹介して行けたらと思っています。

どうぞよろしくお願いします。

不思議に国のアリス イメージイラスト