不思議の国のアリス☆あらすじ 後編

不思議の国のアリスの原作のあらすじを、
イラストとともに紹介しています。

後編スタートです♪

*前編はこちら 「不思議の国のアリス☆あらすじ 前編

 

**************************

13・鳩をなだめてもう片方のキノコをかじり
やっとの事で元の大きさに戻ったアリス。
道を行くと公爵夫人の家へたどり着きました。

 

alice_himekuri_25
14・台所ではコショウの煙がたちこめ、泣きわめく赤ん坊、
不機嫌な公爵夫人VS物を投げる料理人の争いで修羅場状態。
ついに公爵夫人はアリスに赤ん坊を投げてよこし、
クロケーの支度をしに行ってしまいました。

 

不思議の国のアリス イラスト

14・赤ん坊を抱っこして外に連れ出したアリス。
ぶうぶう言う赤ん坊を覗き込むと、いつのまにか子豚になっています。
抱いて入るのがばからしくなって地面に下ろすと、
子豚はトコトコとどこかへ行ってしまいました。

 

 

alice_himekuri_06_a

15・ふと気がつくと、さっき公爵夫人の家の台所にいたチェシャ猫が
近くの木の枝の上でニヤニヤしてアリスを見ていました。
「どちらへ行ったらいいかしら」とアリスが尋ねると
「どちらでも」と答えます。
チェシャ猫は、アリスに帽子屋と三月ウサギのことを教えると
「クロケー場で会おう」と言ってすうっと消えてしまいました。

 

 

不思議の国のアリス イラスト

16・三月ウサギの家では、庭の木陰のテーブルで
三月ウサギと帽子屋とヤマネがお茶を飲んでいました。
彼らとなぞなぞを楽しもうとしたアリスですが、
全く話がかみ合わず、三人(三匹?)の言動にあきれて腹をたて、
さっさとその場を立ち去りました。

 

 

思議の国のアリス イラスト

17・ドアのついた木を見つけたアリスはさっそく中に入ってみました。
すると、そこは最初の広間に続いていたのです。
小さな扉の鍵を開けて、やっとあのお庭に出ることができました。
庭の入り口にはバラの木があり、
三人の庭師が
白いバラの花を赤いペンキで塗っています。
アリスは尋ねました。「どうしてバラを塗っているの?」

 

 

alice_himekuri_05_a

18・赤いバラでないと女王様に首をはねられる、と庭師が言いかけた時、
トランプの兵隊・王家の大行列がやってきました。
行列の最後にはハートの王様と女王様。
女王がアリスを見つけて庭師のことを尋ねましたが
アリスが知らないと答えると怒って叫びました
「この者の首をはねよ!」

 

alice_himekuri_18

19・「そんなのおかしいわ!」
毅然としたアリスの態度。
王様のなだめもあって、
女王はアリスでなく庭師たちの首をはねるよう命令しました。

(庭師たちはアリスが上手にかくまってあげました)
機嫌を直した女王はアリスをクロケーの試合に誘います。
でもボールはハリネズミだし、クラブはフラミンゴ、
ボールをくぐらせるアーチはトランプの兵隊なので
試合場は大混乱です。

 

 

alice_himekuri_26

20・この場から逃げようかと考え始めたアリス。
そこへ大きなチェシャ猫の顔だけが浮かび上がりました。
アリスがチェシャ猫とおしゃべりをしていると王様がやってきました。
王様はチェシャ猫の不遜な態度に怒って
女王に首をはねるよう命令してもらいますが、
顔だけの猫の首をどうはねるのか、大問題になりました。

 

 

不思議の国のアリス イラスト

21・意見を求められたアリスは
「チェシャ猫は公爵夫人の猫だから夫人に聞いてはどうか」
と答えました。
牢屋から連れてこられた公爵夫人は打って変わって陽気で
親しげにアリスに話しかけます。
でも女王が現れると一目散に逃げて行きました。

 

22・クロケーの試合が進むにつれ、王と女王とアリス以外
みんな処刑判決を受けていなくなってしまいました。
女王はアリスに「ウミガメもどきは知っているか」と尋ねます。
アリスが「知らない」と答えると、グリフォンに
アリスをウミガメもどきのところへ案内するよう命じました。

 

 

alice_himekuri_20

23・ウミガメもどきのところへやってきたグリフォンとアリス。
ウミガメもどきはとても悲しそうに、昔話を始めました。
勉強の話、遊びの話。アリスも自分の冒険を話します。
歌や詩の暗唱していると、遠くで「裁判だ!」という声がしました。

 

24・法廷につれてこられたアリス。
裁判官は王様で、陪審員はいろんな動物たち。
白ウサギが読み上げた訴状は、
女王の焼いたタルトをハートのジャックがとったというもの。
証人には、帽子屋と、公爵夫人の料理人、最後にアリスが呼ばれました。

 

 

alice_himekuri_28

25・めちゃめちゃな裁判の進行に、アリスはたびたび異議をとなえます。
しまいには「処刑が先、判決はあと!」と言い出した女王に大反対。
女王が「この者の首をはねよ!」と言った時には
アリスはすっかり元の大きさに戻っていました。
「あなたたちなんか、ただのトランプじゃない!」
兵隊たちはいっせいにアリスに飛びかかりました。

 

 

思議の国のアリス イラスト

26・襲いかかるトランプ兵を払いのけようとしたら
・・・

気がつくとアリスはお姉さんのひざまくらで眠っていたのでした。
アリスはお姉さんに、夢の中での冒険を話して聞かせました。
お姉さんは、お茶の時間に間に合うよう駆けていくアリスを見送りながら
この子が無邪気な子供の心を
ずっと持ち続けて欲しいと思うのでした。

 

 

終わり

 

*「ウミガメもどき」は河合祥一朗氏訳「不思議の国のアリス」から引用させていただきました

 

*前編はこちらです 「不思議の国のアリス☆あらすじ 前編

*このイラストは、鏡の国のアリスの絵と一緒にアリスの日めくりカレンダーにまとめられています。
ぜひお求めください♪
アリスのカレンダー

 

One thought on “不思議の国のアリス☆あらすじ 後編

Comments are closed.