郵便受けをペイント☆おうちのプチセルフリフォーム

こんにちは、Atelier Aliceオーナー、イラストレーターの歓崎花鈴です。

前回、キッチンのペンキ塗りに続いて

郵便受け(レターボックス)を自作した時の画像を発見しましたので、

またまたご紹介したいと思います☆

Before

こんなブリキの長方形の箱がありまして。

お家のブロック塀を撤去した時に郵便受けも無くなってしまったので、

加工することにしました。

 

とにかく郵便といえば赤。

本体、フタ共に、アクリル絵の具で塗りました。

二度塗りしたかな。

これだけでは配達の人に郵便受けとわかりにくいかなと思いまして

「〒」マークをつけようと

マスキングテープで二本線を囲い、

白のアクリル絵の具で塗り塗り。

乾かして縦棒もマスキングして塗り塗り。

だいぶ郵便受けらしくなりました。

 

屋外で使用するので、このままだと色がはげてきちゃうかもと思い、

スプレーでニスを吹きかけました。

 

After

すると、バラの赤のような色が朱色っぽくなり。

(バラの色の方が好みですけど)

よりポストっぽい赤になりました^^

これでかんせーい!

 

まあ少し小さいし、しばらく仮にこれを使って

いずれちゃんと門扉のとこに木箱の郵便受けを作って設置しようと思いながら・・・

もう二年くらい使っています^^;

 

塗っただけでガラッと印象が変わるのはやっぱり楽しい。

 

こうしておうちの内外にお気に入りを増やして

居心地よくしていきたいです。

 

 

白ペンキでキッチンを明るくセフルリフォーム

こんにちは、Atelier Aliceオーナー、イラストレーターの歓崎花鈴です。

おうちをセルフリフォームするのが趣味です。

なかなか時間が取れないのですが、

”住むところがお気に入りで片付いていてきれいなこと” は、

私にとってはとっても重要なこと。

 

大分前ですが、キッチンのペンキ塗りの時の写真を発見しましたので、

ご紹介したいと思います♪

 

Before: シンク、コンロ下の開き戸が焦げ茶色でした。

 

明るい白いキッチンを目指して、水性白ペンキを塗りぬり。

刷毛で塗っています。

まずは一度塗り。寒い時期でしたので、手前にアラジンストーブ。

 

二度塗りしたところ。

扉がツルッとしているのでなかなかペンキが乗りません。

こういう場合、紙ヤスリとかでざらっとさせておくといいんでしょうね〜

(気づくの遅い!)

赤いヤカンはキッチンの差し色。

赤は美味しそうな色なので、キッチンにぴったり。

 

 

三度塗りで、完了!

もう一回塗れば完璧かもね〜と思いつつ、

ちょっとムラがあって下の色がわかるのがアンティーク風かなあと。

After :

 

 

この後、画面左側のシンク下も塗って、午後いっぱい費やしました。

塗らない方が(焦げ茶色のままの方が)好き、という意見も

男性からはありましたが、

明るい方が私は気分がいいんです〜

しかし、白は汚れが目立つので

お掃除はマメにしないとなりません(笑)

 

画面右手の壁も、

前のオーナーさんが家具をびっしり置いていたので汚れていて、

ここも塗りたいなあと思って未だに着手できず。

今年こそ、暇を見て・・・!

 

おうちギャラリーへの道のりは遠いけど、

近づいていきたいです。

お楽しみに〜〜

 

 

クリエイティブEXPO台湾に出展しました

こんにちは、Atelier Aliceオーナー、イラストレーターの歓崎花鈴です。

先月四月下旬、今年も台北で行われた「クリエイティブEXPO台湾に出展させていただきました。
四月あまりの忙しさに事前告知ができなかったので、事後報告をしたいと思います^^

臺灣文博會

今年のメインビジュアルはモダンですね、
去年に続き、二度目の出展でした。
ライセンスショーは24日から28日までの五日間。

前半二日はビジネスデー、後半3日はパブリックデーで
一般の方もたくさん来場されて物販ができるので、
まるで日本のデザインフェスタのようになります。

わたしは去年はビジネスデー初日に到着し午後搬入しましたが、
今年ははりきって前日から台北入り。
夜9時まで粘ってブース設営しました。

before

after
Atelier Alice ブース

 

脚立がないのでテーブルに登ったりしながら^^;
一緒に行ったクリエイターさんに高いとこ手伝ってもらいながらでした、
感謝!!

 

アリス雑貨

 

私は他の方々に比べてさほどグッズの種類がないから〜と思っていたんですが
去年もちょっとずつイベントのたびに増えてきてたせいか
丸テーブル一つではもはや狭かったです!

初日はほとんど、あーでもないこーでもないと、
ディスプレイに費やしてしまいました。

徐々に、お客さんの流れや質問されることを考慮して
並べ替えたり、POPをつけたり。厚紙で雛壇を作ったり。

今年は、こねこのオーナメント(ブローチバージョンもあり)と、
アリスの日めくりカレンダー、ポストカードが人気でした。

それから前日まで頑張って端をかがっていた手作りハンカチも

あまりたくさん縫えなかったこともあり、ほぼ売り切れでした。

イラスト自体が喜んでもらえるのは、描き手にはとても嬉しいことです^^

アリスのハンカチ
これは加工前の状態。端をかがるのけっこー難しかった><

 

アリスのタペストリー

これは三年くらい前にクリエイターEXPO出展の際に作ったタペストリー。
壁面を埋めるために持って行ったのですが、
これを欲しいという方が何人かいらしてびっくりでした。
実はこのアリスが一番初めに描いたアリスなので、思い出深いです。

さて、今年のEXPOはとても来場者が多く、
土日には会場前の広場に入場待ちの行列がずっとできていたみたい。
ビッグサイトほどの広さはないので、入りきらなかったのでは?

場所は園山という、そんなに台北の中心地でもないのどかな公園なので、
地元の人もびっくりだったみたいです。
どうしてかな〜って考えていたんですけど、
イベントの知名度が上がってきている説(広報を頑張っている?)
今年はLINE台湾が巨大なスペースで出展されていたので、
そこの集客力もあるのではという噂も^^

台湾の方はクリエイティブに関心が高くて大好きで
すごーくよく絵を見てくれるので、本当に張り合いがあります。

私はついグッズ自体の品質や使い勝手を一番に考えてしまうのですが、
そもそも私に求められているのは自分の絵をのびのび描くことなんだなあと
原点に戻させてもらいました。

来場者の皆さん、去年も来てくれた方や、今年お友達になった方々、
本当にありがとうございました。

 

台北おいしいものレポ

地元の人や、一緒に行ったクリエイターの仲間のおかげで
たくさん地元の美味しいものを食べられて、一日観光も楽しんで来ました^^
本当に楽しかった!

次号のニューズレター「月刊かりんちゃん4号」で、
台北の観光レポをマップでお届け予定です。
どうぞお楽しみに。

*「月刊かりんちゃん」は
かんざきかりん のFBページTwitterでご覧になれます。

 

 

香港国際ライセンスショー(Hong Kong International Licensing Show)2019に出展します

新年明けましておめでとうございます!

Atelier Aliceオーナー、イラストレーターの歓崎花鈴です。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

さて!新年早々、国際ライセンシングショーに出展してまいります

香港ライセンスショー出展

Hong Kong International licensing Show 2019

日時:2019年 1月7日(月)〜10日(水)の三日間

場所:Hong Kong Convention and Exhibition centere

ジャパンパビリオン内、CBLAブースで場所をお借りしています。

 

初めての国際都市、香港!

(何を食べても美味しいらしいです)

もっと英語も中国語も勉強したかったし、

準備も行き届かずもどかしいですが^^;

何事も経験、良い出会いに恵まれますように。

 

それに知らないところに行くと

世界が広がって、自分のつまらないこだわりや思い込みが

すうっと消えて、なんだか自由になるのです。

目に見えないことだけど、これが私にはとても大事なことに感じます。

アリスみたいに、冒険を楽しんでまいります♪

 

年末に大急ぎで作ったチラシはこんな感じ。

時間なくて昨年の台湾の時のを加工しました(笑)

三つ折りになります。

 

年末の忙しいさなか、英単語の翻訳をしてくれた

イタリア人のアニメーターさん。

(ごめんね帰国したらサイトにリンク貼ります)

それからイマコレキャラの先輩クリエーターさん達に、

安くて早い印刷所教えてもらったり、

CBLAの皆さん、クリエーターさん達に

とてもお世話になって、行くことができます。

 

それから応援してくれるお友達も、いつも皆さんありがとう

行ってまいります☆

 

 

アリスグッズ☆オリジナルマグカップを作りました

こんにちは、Atelier Aliceオーナー、イラストレーターの歓崎花鈴です。

先日、アリスのマグカップを作ってみました。

アリスのマグカップ

去年、長いこと愛用していたムーミンのマグにヒビが入り・・・

(お気に入りでもったいのでペン立てにしています^^)

保温性のある二重構造のステンレスマグを代わりに使い始めたのですが。

なんか、味気ない?

うつくしくないような〜

口当たりもあまり良くない気が。

きわめつけは、お茶の色が正確に見えないので

(陶器の白だとはっきりしますよね)

ときめかないのかなあと思い至りました。

 

あとほとんど無意識レベルですけど

人はカップの熱さから飲み物の熱さを推測して

どのくらい熱いか冷めてるか察しているんだろうなって、

二重構造だと冷めづらいのがいいわけだけど、

そこんとこを察しづらいので、

ど〜もしっくりこないんだな。

 

お気に入りのマグに出会ったら買おう!と思っていたけど

なかなか出会いません。

それにあまり出かけないしショッピングする暇がないんだなあ。

 

でもカップって、自営業の身としては1日何度も使うアイテム。

これがときめくものであることは重要ですよ。

仕事のパフォーマンスにも影響しますよ?

そこで「ないのなら作ってしまえ」ってやつです。

 

夏のイベントで一緒に出展した方から教えてもらっていた、

黒い縁のマグが気になっていたので、

そこで頼んでみました。

https://originalprint.jp

 

アリスのマグカップ

画面上でこんな風にテストできます。便利な時代〜

 

裏はシンプルにロゴだけで。

白黒でスタイリッシュ!

 

サンプルに一個だけオーダー、現物が翌週に届きました♪

 

アリスのマグカップ

良いです!印刷きれいです。

カッコ良いです。

早速コーヒーを入れてみました。

ホウロウみたいな見た目なんですけど、

ずっしりしっかりした陶器です。

机の上でひっくり返す心配がないのがいいね。

 

紅茶も淹れてみました♪

アリスのマグカップ

このハーブティーセットの話はまた次回!

持ち手がスクエアなのがスマートでしょ。

口のラウンドが少し出っ張っているので、

飲みやすい、こぼしにくいです。

 

紅茶はティーカップが似合うけれど、やっぱり小ロットでは作れないので、

今はまだ諦めです。

(Atelier Aliceブランドが育ったあかつきには作るぞー)

まずはお気に入りマグができてよかったです。

 

 

なかなか良いので、吉祥寺のイベントにと追加オーダー6個しました。

そのあと印刷会社の方でこのカップ自体が在庫切れになり、

もうオーダーできない状態。

もっと頼んでおけばよかった(・・;)

 

noteのフォロワーさんが買ってくださって、現在、残り4個。(売り切れです)

東京は吉祥寺マルイイマコレキャラというイベントで販売中です。

イマコレキャラ

24日まで。

お近くの方、クリスマスプレゼントにいかがですか^^?

 

私も22日以外は販売とワークショップで出ていますので、

気軽に遊びに来てくださいね〜

では次は待望のお茶セットのメイキングを。

お楽しみに☆

 

 

 

鏡の国のアリスと右脳の森

こんにちは、Atelier Aliceオーナー、イラストレーターの歓崎花鈴です。

 

今日は「鏡の国のアリス」のおはなし。

 

アリスが森の中で自分の名前を思い出せなくなって、

子鹿と仲良しになる場面がありますよね。

 

不思議の国のアリス イラストアリスの日めくりカレンダーNo.22より

 

とある森に入ると、

アリスも子鹿も、自分が誰だか思い出せない。

ある意味記憶をなくしているんだけども、

その森にいる間は「人間」と「野生の鹿」なのに仲良し。

だけど森を抜けて記憶が戻ったとたん、

「君は人間じゃないか!」と

子鹿は仰天して逃げて言ってしまいます。

あれ?

これって何かに似てる。。。

 

 

 

 

 

 

ちょうど「鏡の国のアリス」を読み返していた時に、

デザイナーのお友達から、この動画いいよってメッセージがきたんです。

これぞシンクロ。

それは、アメリカのジル・ボルト・テイラー博士のこちらの講演動画です。
https://www.ted.com/talks/jill_bolte_taylor_s_powerful_stroke_of_insight?language=ja&utm_campaign=tedspread&utm_medium=referral&utm_source=tedcomshare

 

博士は脳科学者なのですが、

なんと、ご自身で脳卒中を経験されたんですね。

 

ある朝、突然左脳の血管が破裂し

症状が進む間に、自分がこれまで記憶してたことが

思い出せなくなっていくんです。

 

右脳と左脳の違いを私はざっくり

「右脳は感じる脳(幸せ脳)」

「左脳は考える脳(論理脳)」

みたいに捉えていますが

博士の話の中でも、

「右脳は現在がすべて。見えない感覚(五感)、イメージする。」

「左脳は過去と未来(時間)があり、記憶し分類し、言語で考える」

と言っています。

 

博士は症状が進む中で

左脳が麻痺しているときは記憶がなくなり

助けを呼べないので現実的には大変な事態。

でもその右脳だけがはたらいているときはとても気持ちがよく、

個が薄れて意識が拡大するような感覚になるのですって。

自他の区別ない、全体に広がる感覚。

アリスと子鹿も、

記憶をなくしているときは仲良し(一体感)なのに、

記憶が戻ったら

「人間は危険!」

っていう左脳の記録がよみがえって、

子鹿は逃げていってしまう。

わー、同じだ!って思ったんですよね。

 

アリスは1800年代に創作されたお話なのに、

まるで現代の脳科学のことがわかっているかのような。

だって、右脳教育で有名な七田眞先生が

1960年代にアメリカで分割脳の研究が始まるまでは、

左脳が優位脳で、右脳は原始脳とみなされてきたと

おっしゃっているんですもん。

 

作者のルイス・キャロル氏は

天からインスピレーションが降りてきたのでしょうか。

 

アリスってやっぱり奥深い。

名作って何かしら宇宙の真実を含んでいるのかもしれないです。

 

ジル・ボルト・テイラー博士の体験は本にもなっているんですね、

レビューもすごくいい。

きっと講演の話は一部なので、読んでみたいです。

博士は、

左脳の機能が低下し、右脳の働きが主になったとき。

ストレスがなくなり、平和で満ち足りた気分が

それは素晴らしいのだとおっしゃってて。

その気分を、脳卒中にならずに体験したいものです。

近年、マインドフルネス、瞑想とか座禅が流行っているのも

左脳をお休みさせるためなんだろうなって思います。

「意図して左脳から右脳へ歩み寄り

この平安を見いだすことができる」

博士はご自分の体験からそう思って、世界の人にそれを伝えるために

死の淵から生還し、8年ものリハビリに耐えたのだそうです。

感動します(T_T)

 

さて、不思議なアリスの世界、

次は「アリスと量子物理学」について書いてみたいなと思っています。

お楽しみに^^

 

IKEAのカーテンをリメイク

こんにちは、Atelier Aliceオーナー、イラストレーターの歓崎花鈴です。

 

さて、新しいミシンの性能にときめきながら

縫いかけのカーテンを仕上げました。

カーテンは部屋で面積広いので、グッと雰囲気変わりますよね!

子供部屋は古いタオルケットを吊るしてたので、

Before & After が見ごたえあります(笑)

Before

After

 

夏は一番暑い部屋なので、涼しげになりました。

 

IKEAに行ってカーテンたくさんあるんですけど、

気に入ったのはこの柄だけ。

カーテンて毎日見るので、飽きないのがいいな〜と思うと

選ぶの難しい。

 

無地とかリネンとかのナチュラルなのは、

くたびれると貧相になってしまって〜

IKEAのカーテンは規格が一つで、

縦は250センチ、横は145センチ、

それが二枚セットでプリーツなし状態。

 

プリーツつけたり、サイズ直しも頼めるんだけど、

丈直しだけでなく、はぎ合わせたりすると

お直し代もかさんでいくので、

窓にぴったりのサイズにするには・・・

自分で直すことにしたんですね。

さて、子供部屋用に加工して

切り落とした部分で、

わたしの部屋のも縫いました。

この部屋もBeforeは前の借家のカーテンを

サイズ合わないままとりあえずかけてて^^;

 

Before

 

After

 

ノンプリーツカーテン、好きなんです。

布は少なく済むし、縫うのも楽だし、洗うのも楽。

日本の住宅事情は狭いので、プリーツで幅とるとさらに狭くなる〜

スクリーンのようにフラットなノンプリーツカーテンはすっきり。

 

今回はどちらの窓も隣家に面してるので、

ほぼ閉めっぱなしになるし。

ファブリックパネルみたいに

北欧デザインを楽しむのがいいなって。

 

葉っぱとかナチュラルなモチーフは

アンティークの木机と合うなあと。

見るたびに癒されます^^

 

まだ布が余ったので、

クッションカバーも塗ってみました。

 

IKEAカーテン、めいっぱい使い切り

楽しみました♪

 

カーテンが充実したので、

次は壁を塗りたい!

素敵なおうちにして、素敵に絵を飾るのが夢。

 

前にダイニングの壁にペンキを塗ったのもよかったらご覧くださいね。

 

ミントグリーンの壁で白い家具を引き立てる。セルフリフォームの記録

 

ではまた!

ミシンを買い換えました ジャノメエクールM500

こんにちは、Atelier Aliceオーナー、イラストレーターの歓崎花鈴です。

 

長年使っていたミシンが壊れてしまいました。

完全に壊れてはいなくて、

後ろ向きにしか縫えなくなってしまい、

縫い目の幅も調整が効かず・・・

 

わたしが17歳でうちを出る時に、母に譲ってもらったミシンなんですよね。

直ってまた使えたらいいなあと、

近くのジャノメさんにお電話すると

すぐ修理に来てくれました。

持っていかなくて済んでホッ。

 

診て(?)いただくと、歯車の経年劣化かもとのこと。

30年以上前のミシンですから案の定、部品はなく、

オーバーホールに出しても直る保証はなく、

もし直ってもすぐ不具合が出る可能性も高い。

 

うーむ。

ミシン、毎日使うものではないけれど、ないと困る・・・!

しかたがないー

この前アリスのオリジナルプリントの布を作ったので

アリスの布

これから先、いろいろ縫いたいものがあるし。

今、子供部屋のカーテンも縫いかけのまま。

「これは経費だ!」(と言い聞かせ)

思い切って買い換えることにしました。

下取りという形で、三万円割り引いてくれました。

(三万で簡単なミシン買えそうだけど)

 

ミシンには性能とお値段ですごく幅があるのだけど、

ベテランの社員さんに一時間近く解説していただき、

中の上くらいのを選びました。

 

「エクールM500」

 

 

最高ランクミシンは、

パソコンとつないで自由なデータで刺繍できるミシン。

心惹かれたんですけどね・・・

うん十万なので、仕事で使うんじゃないとねえ。

本業はイラストレーターですし><

いつかそういう商品を作るようになったら導入しよう!

 

最低ランクは、とっても安いけど部品の材質がちゃちいのですぐ壊れるそうな。

ミシンの老舗ジャノメであっても、

手芸屋さんなどの要望でリーズナブルに作っているらしく

すぐ故障して修理になり、修理代で一万を超えると

安物買いの銭失い、になっちゃうそうです。

年の功でそれは想像がつくんですよね・・・

さて、新しいミシンの使い心地は。

 

30うん年の進化を経て、

めちゃくちゃいいです!

 

安定感抜群、布送りしっかり、音が静か、

自動糸通し、自動糸切り、

ボタンホールはボタンの大きさを自動で測って

ぴったりサイズのホールをスイッチひと押しで作ってくれちゃう。

 

 

いや〜感動的で。

さっそく、枕カバーを縫ってみました。

 

 

 

赤いのはわたしの、緑のチェックは子どもの。

もう格段に縫いやすい〜〜

 

音が静かなので、ラジオを聴きながら縫えるのもいいな。

しばらく縫い物にはまりそうです♪

 

 

アリスの塗り絵トートバック ワークショップ 御礼

こんにちは、Atelier Aliceオーナー、イラストレーターの歓崎花鈴です。

先週は一週間、イマコレキャラvol.9に参加

マルイ吉祥寺店にてイラストの展示・グッズの販売・ワークショップを行いました。

いらしてくださった皆様、準備応援してくださった皆様、シェア拡散してくださったSNSのお友達、

一緒に参加したクリエータさん、マルイの担当者様に、

心からの感謝を!ありがとうございました^^

アリスのお礼イラスト

1ヶ月前に急遽出展が決まり、慌ただしく準備し

いろいろ間に合わなかったりしましたが

初めての経験を積めて勉強になりました。

展示の様子はこんな感じ。

スペース広々で、デザフェスと比べて優雅でした^^;

ガラスの棚とかステキ〜

ワークショップコーナーはこんな感じ。

うちでもこんな作業テーブルがあったら理想的!

 

ワークショップやると盛り上がるよ〜と先輩にうかがったので

夏休みの子供向けに、トートバッグを塗り絵にしちゃうのはどうだろう?と思いついたのでした。

布用ペンで好きな色に塗ってもらい、

布用ハンコでイニシャルを押して。

アイロンをかけて定着させ、完成です。

意外にも子供よりおとなの塗り絵が多くておもしろかったです。

この子が最年少の2年生。

迷いなくガンガン塗っていくのが印象的でした!

みなさん最初はどう塗ろうか考えながら、次第に無口になり集中していくんですよね。

塗り絵は癒し効果があるなあと実感しました。

好きな色とか、ある程度単純な作業とか、右脳を使ってセロトニンが出そうです。

アリスの塗り絵

お友達も来てくれました、とってもきれい。

 

これは私がヒマな時に塗ってた見本のアリス。結構色の制限があってシックな配色に。

最終日にこれが欲しいと買ってくださった方が、

肩にかけて実際に使っているのを見て

我ながらアーティスティック?でおしゃれと思いました(笑)

自分で使ってるのも塗ろうと思います!

大人の塗り絵 アリス

チェシャ猫も塗りたい方が現れ、

思っても見なかったので新鮮でした。

これは難しい塗り絵だと思います!

 

包みボタンより塗り絵が人気でした。

包みボタンのヘアゴム

うさぎの包みボタン、ヘアゴム仕様。

友達のお子さんが早速使ってくれました。

いいなあ女の子。

私は姪っ子の帰省土産にしようと思います。。。

 

以上ご報告でした、楽しかったです。

参加してくれた方、写真撮らせていただいてありがとうございました!

ワークショップまたやりたいなと思います。

 

⭐チェシャの生成りトートはこちらで販売しています⭐

アリス雑貨

在庫少なくてごめんなさい。

 

⭐アリスの生成りトートはこちら⭐

アリス トートバッグ

こちらは在庫尽きてしまって、今しばらくお待ちください〜

マルイ吉祥寺店「イマコレキャラ」イベント参加中!

こんにちは、Atelier Aliceオーナー、イラストレーターの歓崎花鈴です。

酷暑の後、突然涼しくなり、今度は変な進路の台風が来るらしい週末・・・

なのですが、いよいよこの土日でイべント終了です。

23日月曜日からスタートした、イマコレキャラ@マルイ吉祥寺店5F

後半チーム、4人のクリエーターで参加しています。

Atelier Aliceでは、塗り絵トートバッグのワークショップを開催しています。

夏休みのお子さんにいいかなと思ったのですが、意外にも大人の塗り絵が多いです!

みなさん思い思いの色を無心になって塗る様子がとても新鮮で、

こちらも童心を思い出します^^

呉竹さんの布用ペンがペン先が筆っぽい形でいい感じに塗りやすく、

紙に塗るより楽に気持ちよく塗れます!

「ファブリカラー12色」というのです。

24色買ってもよかったかも。

塗り終えたらアイロンをかけて定着させます。

写真撮らせてもらいました!

ビビットな配色にうなりますね〜

アウトレットバッグでお得なんですよね、

そのせいかご好評いただき、予約を除くとあと2枚で終了です。

 

でもくるみボタンのワークショップはまだできます♪

アリスの布

好きな絵を選んでボタンを作り、

ストラップか、ヘアゴム、ブローチなどに加工します。

コロンとかわいいですよ。

布用インクとハンコでイニシャルを入れても。

 

とにかく明日は台風がそれるのを祈るばかり。

水不足は解消したいけど、被害が出ませんように。

吉祥寺のマルイは駅近なので、電車が止まったりしなければ

雨天のショッピングも便利です。

あと残すところ二日、がんばってまいります。

 

このブログをご覧になっていらした方には、

カフェオレ色アリスのポストカードプレゼント。

お気軽にお声掛けください。