白ペンキでキッチンを明るくセフルリフォーム

こんにちは、Atelier Aliceオーナー、イラストレーターの歓崎花鈴です。

おうちをセルフリフォームするのが趣味です。

なかなか時間が取れないのですが、

”住むところがお気に入りで片付いていてきれいなこと” は、

私にとってはとっても重要なこと。

 

大分前ですが、キッチンのペンキ塗りの時の写真を発見しましたので、

ご紹介したいと思います♪

 

Before: シンク、コンロ下の開き戸が焦げ茶色でした。

 

明るい白いキッチンを目指して、水性白ペンキを塗りぬり。

刷毛で塗っています。

まずは一度塗り。寒い時期でしたので、手前にアラジンストーブ。

 

二度塗りしたところ。

扉がツルッとしているのでなかなかペンキが乗りません。

こういう場合、紙ヤスリとかでざらっとさせておくといいんでしょうね〜

(気づくの遅い!)

赤いヤカンはキッチンの差し色。

赤は美味しそうな色なので、キッチンにぴったり。

 

 

三度塗りで、完了!

もう一回塗れば完璧かもね〜と思いつつ、

ちょっとムラがあって下の色がわかるのがアンティーク風かなあと。

After :

 

 

この後、画面左側のシンク下も塗って、午後いっぱい費やしました。

塗らない方が(焦げ茶色のままの方が)好き、という意見も

男性からはありましたが、

明るい方が私は気分がいいんです〜

しかし、白は汚れが目立つので

お掃除はマメにしないとなりません(笑)

 

画面右手の壁も、

前のオーナーさんが家具をびっしり置いていたので汚れていて、

ここも塗りたいなあと思って未だに着手できず。

今年こそ、暇を見て・・・!

 

おうちギャラリーへの道のりは遠いけど、

近づいていきたいです。

お楽しみに〜〜

 

 

クリエイティブEXPO台湾に出展しました

こんにちは、Atelier Aliceオーナー、イラストレーターの歓崎花鈴です。

先月四月下旬、今年も台北で行われた「クリエイティブEXPO台湾に出展させていただきました。
四月あまりの忙しさに事前告知ができなかったので、事後報告をしたいと思います^^

臺灣文博會

今年のメインビジュアルはモダンですね、
去年に続き、二度目の出展でした。
ライセンスショーは24日から28日までの五日間。

前半二日はビジネスデー、後半3日はパブリックデーで
一般の方もたくさん来場されて物販ができるので、
まるで日本のデザインフェスタのようになります。

わたしは去年はビジネスデー初日に到着し午後搬入しましたが、
今年ははりきって前日から台北入り。
夜9時まで粘ってブース設営しました。

before

after
Atelier Alice ブース

 

脚立がないのでテーブルに登ったりしながら^^;
一緒に行ったクリエイターさんに高いとこ手伝ってもらいながらでした、
感謝!!

 

アリス雑貨

 

私は他の方々に比べてさほどグッズの種類がないから〜と思っていたんですが
去年もちょっとずつイベントのたびに増えてきてたせいか
丸テーブル一つではもはや狭かったです!

初日はほとんど、あーでもないこーでもないと、
ディスプレイに費やしてしまいました。

徐々に、お客さんの流れや質問されることを考慮して
並べ替えたり、POPをつけたり。厚紙で雛壇を作ったり。

今年は、こねこのオーナメント(ブローチバージョンもあり)と、
アリスの日めくりカレンダー、ポストカードが人気でした。

それから前日まで頑張って端をかがっていた手作りハンカチも

あまりたくさん縫えなかったこともあり、ほぼ売り切れでした。

イラスト自体が喜んでもらえるのは、描き手にはとても嬉しいことです^^

アリスのハンカチ
これは加工前の状態。端をかがるのけっこー難しかった><

 

アリスのタペストリー

これは三年くらい前にクリエイターEXPO出展の際に作ったタペストリー。
壁面を埋めるために持って行ったのですが、
これを欲しいという方が何人かいらしてびっくりでした。
実はこのアリスが一番初めに描いたアリスなので、思い出深いです。

さて、今年のEXPOはとても来場者が多く、
土日には会場前の広場に入場待ちの行列がずっとできていたみたい。
ビッグサイトほどの広さはないので、入りきらなかったのでは?

場所は園山という、そんなに台北の中心地でもないのどかな公園なので、
地元の人もびっくりだったみたいです。
どうしてかな〜って考えていたんですけど、
イベントの知名度が上がってきている説(広報を頑張っている?)
今年はLINE台湾が巨大なスペースで出展されていたので、
そこの集客力もあるのではという噂も^^

台湾の方はクリエイティブに関心が高くて大好きで
すごーくよく絵を見てくれるので、本当に張り合いがあります。

私はついグッズ自体の品質や使い勝手を一番に考えてしまうのですが、
そもそも私に求められているのは自分の絵をのびのび描くことなんだなあと
原点に戻させてもらいました。

来場者の皆さん、去年も来てくれた方や、今年お友達になった方々、
本当にありがとうございました。

 

台北おいしいものレポ

地元の人や、一緒に行ったクリエイターの仲間のおかげで
たくさん地元の美味しいものを食べられて、一日観光も楽しんで来ました^^
本当に楽しかった!

次号のニューズレター「月刊かりんちゃん4号」で、
台北の観光レポをマップでお届け予定です。
どうぞお楽しみに。

*「月刊かりんちゃん」は
かんざきかりん のFBページTwitterでご覧になれます。

 

 

香港国際ライセンスショー(Hong Kong International Licensing Show)2019に出展します

新年明けましておめでとうございます!

Atelier Aliceオーナー、イラストレーターの歓崎花鈴です。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

さて!新年早々、国際ライセンシングショーに出展してまいります

香港ライセンスショー出展

Hong Kong International licensing Show 2019

日時:2019年 1月7日(月)〜10日(水)の三日間

場所:Hong Kong Convention and Exhibition centere

ジャパンパビリオン内、CBLAブースで場所をお借りしています。

 

初めての国際都市、香港!

(何を食べても美味しいらしいです)

もっと英語も中国語も勉強したかったし、

準備も行き届かずもどかしいですが^^;

何事も経験、良い出会いに恵まれますように。

 

それに知らないところに行くと

世界が広がって、自分のつまらないこだわりや思い込みが

すうっと消えて、なんだか自由になるのです。

目に見えないことだけど、これが私にはとても大事なことに感じます。

アリスみたいに、冒険を楽しんでまいります♪

 

年末に大急ぎで作ったチラシはこんな感じ。

時間なくて昨年の台湾の時のを加工しました(笑)

三つ折りになります。

 

年末の忙しいさなか、英単語の翻訳をしてくれた

イタリア人のアニメーターさん。

(ごめんね帰国したらサイトにリンク貼ります)

それからイマコレキャラの先輩クリエーターさん達に、

安くて早い印刷所教えてもらったり、

CBLAの皆さん、クリエーターさん達に

とてもお世話になって、行くことができます。

 

それから応援してくれるお友達も、いつも皆さんありがとう

行ってまいります☆

 

 

アリスグッズ☆オリジナルマグカップを作りました

こんにちは、Atelier Aliceオーナー、イラストレーターの歓崎花鈴です。

先日、アリスのマグカップを作ってみました。

アリスのマグカップ

去年、長いこと愛用していたムーミンのマグにヒビが入り・・・

(お気に入りでもったいのでペン立てにしています^^)

保温性のある二重構造のステンレスマグを代わりに使い始めたのですが。

なんか、味気ない?

うつくしくないような〜

口当たりもあまり良くない気が。

きわめつけは、お茶の色が正確に見えないので

(陶器の白だとはっきりしますよね)

ときめかないのかなあと思い至りました。

 

あとほとんど無意識レベルですけど

人はカップの熱さから飲み物の熱さを推測して

どのくらい熱いか冷めてるか察しているんだろうなって、

二重構造だと冷めづらいのがいいわけだけど、

そこんとこを察しづらいので、

ど〜もしっくりこないんだな。

 

お気に入りのマグに出会ったら買おう!と思っていたけど

なかなか出会いません。

それにあまり出かけないしショッピングする暇がないんだなあ。

 

でもカップって、自営業の身としては1日何度も使うアイテム。

これがときめくものであることは重要ですよ。

仕事のパフォーマンスにも影響しますよ?

そこで「ないのなら作ってしまえ」ってやつです。

 

夏のイベントで一緒に出展した方から教えてもらっていた、

黒い縁のマグが気になっていたので、

そこで頼んでみました。

https://originalprint.jp

 

アリスのマグカップ

画面上でこんな風にテストできます。便利な時代〜

 

裏はシンプルにロゴだけで。

白黒でスタイリッシュ!

 

サンプルに一個だけオーダー、現物が翌週に届きました♪

 

アリスのマグカップ

良いです!印刷きれいです。

カッコ良いです。

早速コーヒーを入れてみました。

ホウロウみたいな見た目なんですけど、

ずっしりしっかりした陶器です。

机の上でひっくり返す心配がないのがいいね。

 

紅茶も淹れてみました♪

アリスのマグカップ

このハーブティーセットの話はまた次回!

持ち手がスクエアなのがスマートでしょ。

口のラウンドが少し出っ張っているので、

飲みやすい、こぼしにくいです。

 

紅茶はティーカップが似合うけれど、やっぱり小ロットでは作れないので、

今はまだ諦めです。

(Atelier Aliceブランドが育ったあかつきには作るぞー)

まずはお気に入りマグができてよかったです。

 

 

なかなか良いので、吉祥寺のイベントにと追加オーダー6個しました。

そのあと印刷会社の方でこのカップ自体が在庫切れになり、

もうオーダーできない状態。

もっと頼んでおけばよかった(・・;)

 

noteのフォロワーさんが買ってくださって、現在、残り4個。(売り切れです)

東京は吉祥寺マルイイマコレキャラというイベントで販売中です。

イマコレキャラ

24日まで。

お近くの方、クリスマスプレゼントにいかがですか^^?

 

私も22日以外は販売とワークショップで出ていますので、

気軽に遊びに来てくださいね〜

では次は待望のお茶セットのメイキングを。

お楽しみに☆

 

 

 

鏡の国のアリスと右脳の森

こんにちは、Atelier Aliceオーナー、イラストレーターの歓崎花鈴です。

 

今日は「鏡の国のアリス」のおはなし。

 

アリスが森の中で自分の名前を思い出せなくなって、

子鹿と仲良しになる場面がありますよね。

 

不思議の国のアリス イラストアリスの日めくりカレンダーNo.22より

 

とある森に入ると、

アリスも子鹿も、自分が誰だか思い出せない。

ある意味記憶をなくしているんだけども、

その森にいる間は「人間」と「野生の鹿」なのに仲良し。

だけど森を抜けて記憶が戻ったとたん、

「君は人間じゃないか!」と

子鹿は仰天して逃げて言ってしまいます。

あれ?

これって何かに似てる。。。

 

 

 

 

 

 

ちょうど「鏡の国のアリス」を読み返していた時に、

デザイナーのお友達から、この動画いいよってメッセージがきたんです。

これぞシンクロ。

それは、アメリカのジル・ボルト・テイラー博士のこちらの講演動画です。
https://www.ted.com/talks/jill_bolte_taylor_s_powerful_stroke_of_insight?language=ja&utm_campaign=tedspread&utm_medium=referral&utm_source=tedcomshare

 

博士は脳科学者なのですが、

なんと、ご自身で脳卒中を経験されたんですね。

 

ある朝、突然左脳の血管が破裂し

症状が進む間に、自分がこれまで記憶してたことが

思い出せなくなっていくんです。

 

右脳と左脳の違いを私はざっくり

「右脳は感じる脳(幸せ脳)」

「左脳は考える脳(論理脳)」

みたいに捉えていますが

博士の話の中でも、

「右脳は現在がすべて。見えない感覚(五感)、イメージする。」

「左脳は過去と未来(時間)があり、記憶し分類し、言語で考える」

と言っています。

 

博士は症状が進む中で

左脳が麻痺しているときは記憶がなくなり

助けを呼べないので現実的には大変な事態。

でもその右脳だけがはたらいているときはとても気持ちがよく、

個が薄れて意識が拡大するような感覚になるのですって。

自他の区別ない、全体に広がる感覚。

アリスと子鹿も、

記憶をなくしているときは仲良し(一体感)なのに、

記憶が戻ったら

「人間は危険!」

っていう左脳の記録がよみがえって、

子鹿は逃げていってしまう。

わー、同じだ!って思ったんですよね。

 

アリスは1800年代に創作されたお話なのに、

まるで現代の脳科学のことがわかっているかのような。

だって、右脳教育で有名な七田眞先生が

1960年代にアメリカで分割脳の研究が始まるまでは、

左脳が優位脳で、右脳は原始脳とみなされてきたと

おっしゃっているんですもん。

 

作者のルイス・キャロル氏は

天からインスピレーションが降りてきたのでしょうか。

 

アリスってやっぱり奥深い。

名作って何かしら宇宙の真実を含んでいるのかもしれないです。

 

ジル・ボルト・テイラー博士の体験は本にもなっているんですね、

レビューもすごくいい。

きっと講演の話は一部なので、読んでみたいです。

博士は、

左脳の機能が低下し、右脳の働きが主になったとき。

ストレスがなくなり、平和で満ち足りた気分が

それは素晴らしいのだとおっしゃってて。

その気分を、脳卒中にならずに体験したいものです。

近年、マインドフルネス、瞑想とか座禅が流行っているのも

左脳をお休みさせるためなんだろうなって思います。

「意図して左脳から右脳へ歩み寄り

この平安を見いだすことができる」

博士はご自分の体験からそう思って、世界の人にそれを伝えるために

死の淵から生還し、8年ものリハビリに耐えたのだそうです。

感動します(T_T)

 

さて、不思議なアリスの世界、

次は「アリスと量子物理学」について書いてみたいなと思っています。

お楽しみに^^