アリスの日めくりカレンダー01

こんにちは、Atelier Aliceオーナー、イラストレーターの歓崎花鈴です。

秋のデザインフェスタ(2016,11/26~27 東京ビッグサイト)に出展予定です。
そのデザフェス合わせで、初の作品集のようなものを企画しています。
間に合うのかどうか、ドキドキです^^;

 

アリスの日めくりカレンダー
一日目
alice_himekuri_01_a

「だれがなんといっても、うちのダイナは世界一の猫なのよ。」

ダイナはアリスの飼っている猫です。不思議の世界にはお供しませんが、
それはそれは有能な(ねずみをつかまえるのが上手な^^;)猫だそうです。
お話しの中でアリスが、
ねずみや鳩にダイナの有能ぶりを夢中で話して、逃げられちゃう場面がありますよね。
猫といえばアリスではチェシャ猫。チェシャは縞模様の猫ですが、
私はダイナは毛の長いふさふさの洋猫をイメージしています。

「だれがなんといっても、うちのダイナは世界一の猫なのよ。」

こんなセリフがあるわけではないけれど、アリスはこう思っているでしょう。
「世界一好き」といいきれる強さがまぶしい。

「これが好き」っていいきることって、簡単なようでいて、
意外と自分が何を好きかってわすれていませんか?
私は人生で好きなものはハッキリしてるつもりでしたし、
(実際、雑貨とかえらぶのうるさいですから)
それに「好きなこと(絵を描く)を仕事にしていていいね~」といわれることもしばしば。

それなのに、何を描きたいか今まではっきりしていませんでした。
絵はお仕事で描くのが普通だったので。
人のため、収入のために描いてきたのですが、
ここ2年ほど、noteというSNSで自由ののびのびお絵かきをアップするフォロワーさんをみてきて、
キラキラ輝いてていいなあ~と思いました。
そのキラキラは「愛」とか「感性」でもいいますか、技術じゃないんですよね。

「技術は人を感心させる。愛は人を感動させる」

座右の銘じゃないですけど、なんとなく昔からこう思っておりました。

はて、私は何を描きたいんだろうと思うようになりました。
そして子どものときは児童文学やファンタジー、外国のお話しが好きだったのを思い出しました。
どうして日本に生まれたんだろう、残念!と思っていましたっけ。
漫画も、学園もの少女漫画より、外国や異世界のが好きでした。

そうだった、そして挿絵が好きでした。
物語の一場面のように描くのが好き。
そんなわけで、今、初めて好きなものを描きはじめました。
自分の中で記念すべき作品集になりますように。

さて、うんちくよりどんどん絵を描かねばなりません^^;
がんばってまいります♪
今月は毎日イラストをアップしていく予定です。
facebookページをフォローしていただけると、楽しめるかと思います。
https://www.facebook.com/atelieralice.info/

 

追記
noteはトーク、画像、音声、動画、4種類のコンテンツをアップし、お値段をつけて販売することもできるSNSです。
興味のある人は気軽に始めてみてくださいね。(cakesのまわしものではありません^^)
創作の好きな人が多いので、私はとても楽しませてもらっています。
私のアカウントはこちら
https://note.mu/karin_k
note