アリスの日めくりカレンダー02

こんにちは、Atelier Aliceオーナー、イラストレーターの歓崎花鈴です。

毎日イラスト描いていますが、更新がたいへんなので、これからは2枚ずつご紹介していきたいと思います。

 

アリスの日めくりカレンダー
2日目alice_himekuri_02

「たまに違う大きさになってみると、ちょうどいいって何かわかるものだわ。」

白ウサギの家で、また飲みものを見つけてつい飲んでしまい、大きくなったアリス。
食べたり飲んだりで大きさが変わって騒動が巻きおこるのが楽しいです。

私はウサギの家はコテージのようなのをイメージしています。
暖炉がいれられなかったのが残念。こういう絵は水彩で色をいれたいところです。
イギリスの古民家は大好きなので、写真集を三冊持っています^^

「たまに違う大きさになってみると、ちょうどいいって何かわかるものだわ。」

これもこういうセリフはないのですが、
好奇心からいろんなことを試してみるうちに、ちょうどいい(なにがいい)かがわかるものだよな~と、
ちょうど最近そんなことを考えていました。
人生というおおきなくくりでも、絵を描く過程でも、
「こうじゃない」
「こうでもない」
「なんかちがう」
「こうだ!」
みたいな感じで一本一本の線を描いたり、色を決めたりしていくんですよね。
ちがう!ってわかるから、これ!ってわかる。
そのうちに考えなくてもすぐ描けるように、熟練したいです(笑)

 

アリスの日めくりカレンダー
3日目

alice_himekuri_03_b

「どの扉を開けたい?扉の向こうにはなにがある?」

アリスが望んでいるのは、お花の咲き乱れたきれいなお庭。
のはずなんだけど、涙の池でおぼれたり、かけっこをしたりウサギの家にいったりして、
お庭になかなかたどり着けません。
お庭まだかなーと気にあるわたし。お庭すきなので。
庭園みたいなかっちりしたお庭より、ターシャのお庭みたいに自由なのが好き。
「鏡の国のアリス」はお庭がばっちりでてくるので、そのうちお花の絵も描きたいですね。

思い続けたお庭ですが、きのこを入手したアリスは、ハトにヘビに間違われる騒動のあと、
(文中ではあっさり2,3行で)扉に戻って開けることができています。
あんまりあっさりなので、結局どうやってお庭にいったんだっけ?と長年おもっていました。。。

 

このイラストは初の作品集になる予定です。デザインフェスタに間に合わせるべく
がんばっております。

 

☆秋のデザインフェスタに出展します!
「Atelier Alice 」 ブースNo.G-365,G-366
2016年11月26日(土)・27日(日) 11:00 – 19:00
東京ビッグサイト西ホール全館