白ペンキでキッチンを明るくセフルリフォーム

こんにちは、Atelier Aliceオーナー、イラストレーターの歓崎花鈴です。

おうちをセルフリフォームするのが趣味です。

なかなか時間が取れないのですが、

”住むところがお気に入りで片付いていてきれいなこと” は、

私にとってはとっても重要なこと。

 

大分前ですが、キッチンのペンキ塗りの時の写真を発見しましたので、

ご紹介したいと思います♪

 

Before: シンク、コンロ下の開き戸が焦げ茶色でした。

 

明るい白いキッチンを目指して、水性白ペンキを塗りぬり。

刷毛で塗っています。

まずは一度塗り。寒い時期でしたので、手前にアラジンストーブ。

 

二度塗りしたところ。

扉がツルッとしているのでなかなかペンキが乗りません。

こういう場合、紙ヤスリとかでざらっとさせておくといいんでしょうね〜

(気づくの遅い!)

赤いヤカンはキッチンの差し色。

赤は美味しそうな色なので、キッチンにぴったり。

 

 

三度塗りで、完了!

もう一回塗れば完璧かもね〜と思いつつ、

ちょっとムラがあって下の色がわかるのがアンティーク風かなあと。

After :

 

 

この後、画面左側のシンク下も塗って、午後いっぱい費やしました。

塗らない方が(焦げ茶色のままの方が)好き、という意見も

男性からはありましたが、

明るい方が私は気分がいいんです〜

しかし、白は汚れが目立つので

お掃除はマメにしないとなりません(笑)

 

画面右手の壁も、

前のオーナーさんが家具をびっしり置いていたので汚れていて、

ここも塗りたいなあと思って未だに着手できず。

今年こそ、暇を見て・・・!

 

おうちギャラリーへの道のりは遠いけど、

近づいていきたいです。

お楽しみに〜〜