郵便受けをペイント☆おうちのプチセルフリフォーム

こんにちは、Atelier Aliceオーナー、イラストレーターの歓崎花鈴です。

前回、キッチンのペンキ塗りに続いて

郵便受け(レターボックス)を自作した時の画像を発見しましたので、

またまたご紹介したいと思います☆

Before

こんなブリキの長方形の箱がありまして。

お家のブロック塀を撤去した時に郵便受けも無くなってしまったので、

加工することにしました。

 

とにかく郵便といえば赤。

本体、フタ共に、アクリル絵の具で塗りました。

二度塗りしたかな。

これだけでは配達の人に郵便受けとわかりにくいかなと思いまして

「〒」マークをつけようと

マスキングテープで二本線を囲い、

白のアクリル絵の具で塗り塗り。

乾かして縦棒もマスキングして塗り塗り。

だいぶ郵便受けらしくなりました。

 

屋外で使用するので、このままだと色がはげてきちゃうかもと思い、

スプレーでニスを吹きかけました。

 

After

すると、バラの赤のような色が朱色っぽくなり。

(バラの色の方が好みですけど)

よりポストっぽい赤になりました^^

これでかんせーい!

 

まあ少し小さいし、しばらく仮にこれを使って

いずれちゃんと門扉のとこに木箱の郵便受けを作って設置しようと思いながら・・・

もう二年くらい使っています^^;

 

塗っただけでガラッと印象が変わるのはやっぱり楽しい。

 

こうしておうちの内外にお気に入りを増やして

居心地よくしていきたいです。

 

 

白ペンキでキッチンを明るくセフルリフォーム

こんにちは、Atelier Aliceオーナー、イラストレーターの歓崎花鈴です。

おうちをセルフリフォームするのが趣味です。

なかなか時間が取れないのですが、

”住むところがお気に入りで片付いていてきれいなこと” は、

私にとってはとっても重要なこと。

 

大分前ですが、キッチンのペンキ塗りの時の写真を発見しましたので、

ご紹介したいと思います♪

 

Before: シンク、コンロ下の開き戸が焦げ茶色でした。

 

明るい白いキッチンを目指して、水性白ペンキを塗りぬり。

刷毛で塗っています。

まずは一度塗り。寒い時期でしたので、手前にアラジンストーブ。

 

二度塗りしたところ。

扉がツルッとしているのでなかなかペンキが乗りません。

こういう場合、紙ヤスリとかでざらっとさせておくといいんでしょうね〜

(気づくの遅い!)

赤いヤカンはキッチンの差し色。

赤は美味しそうな色なので、キッチンにぴったり。

 

 

三度塗りで、完了!

もう一回塗れば完璧かもね〜と思いつつ、

ちょっとムラがあって下の色がわかるのがアンティーク風かなあと。

After :

 

 

この後、画面左側のシンク下も塗って、午後いっぱい費やしました。

塗らない方が(焦げ茶色のままの方が)好き、という意見も

男性からはありましたが、

明るい方が私は気分がいいんです〜

しかし、白は汚れが目立つので

お掃除はマメにしないとなりません(笑)

 

画面右手の壁も、

前のオーナーさんが家具をびっしり置いていたので汚れていて、

ここも塗りたいなあと思って未だに着手できず。

今年こそ、暇を見て・・・!

 

おうちギャラリーへの道のりは遠いけど、

近づいていきたいです。

お楽しみに〜〜

 

 

ミントグリーンの壁で白い家具を引き立てる。セルフリフォームの記録

こんにちは、Atelier Aliceオーナー、イラストレーターの歓崎花鈴です。

古いおうちに引っ越して1年、お仕事の合間にセルフリフォームしています。

セルフリフォーム ペンキ

 

これまで白ペンキでちまちま塗ってるだけでしたが、先日、センスあるお友達がふたり、お手伝いに来てくれて、

ついにダイニングキッチンの壁に着手しました。

色は好きなミントグリーンにしようって決めていました。

築25年、前のオーナーさんはとてもきれいにお掃除してお住まいでしたが、さすがに壁紙は汚れていまして。

家具もたくさんあったので、跡がだいぶ気になっていました。

 

食器棚をどかすのは大変だから、見えるとこだけ塗ろうかな~と私が言ったら、

すかさずお友達二人に却下されました…

さすがこだわるクリエーターさんたち。がんばって食器棚移動。

どかした棚の陰で暗いですが、いよいよ塗り始めました。

picture_pc_726aa7501062f10f955982fb895ae20b

 

というかほとんど塗ってくださいました。

ローラーだと速いこと速いこと…

塗ってる時間より家具移動してマスキングしてる時間の方がかかっています。

なんでも準備のほうが時間がかかるものですよね。

 

picture_pc_d8f053aaec254ac195ce44e8cee27411

 

この色で塗るのは壁二面の予定。他は白で塗ります。今日はこの色だけ。

水性ペンキでにおいもなく、すぐに乾きます。

家具をもどしてみると・・・

 

 

picture_pc_f374efd276ed91558ea3aac82f75b441

びっくりするほどきれいに仕上がりました。

夜なので写真暗いですが。

一度塗りしかしなかったです。壁紙の上から塗ってます。

Before画像を撮っておけばよかったです。

 

picture_pc_acf0251f643849b343a356f85b5a70f7

 

壁が時計と同じ色になったら変かな?と思ったけど面白いですね、わざと合わせたみたい。
picture_pc_ff7aa02ba6faccc3889b2a42777e00f9

 

翌朝です。

白い家具が引き立つようにしたかったので、うまくいって大満足。

左側の壁は塗ると黒板になるというペンキで塗る予定です。
picture_pc_f25615c1eeed7ff2516843a1415510dd

 

トースターもきれいにして、ラナンキュラスを置いてみて。

いい感じです。
picture_pc_7ab7ebdc6caf89fe3fdfd2acf34a7007

 

薬棚にはお友達のフォトグラファーさんの写真集、アクセサリーが入ってます。

ドアは白で塗りたいです。

そして壁がきれいになると案の定、天井の汚さが目立つ…

天井を塗るのは大変でしょうね。
picture_pc_d32a20782b8c8c21535189fb33da09ba

 

パリの子ども部屋っていう写真集が好きで、そんなイメージをしています。

このあと訪れたお客さんにも好評です。

壁塗るだけでこんなに雰囲気変わるんだなって新発見。

ほかの色も試してみたいです。

 

水性ペンキは水で洗えて、乾くと耐水性になる、アクリル絵の具みたいな感じ。

匂いもなく扱いやすいです。

広い面積に色がはいると、がらっと雰囲気変わって楽しいですね!

今度は黒板ペンキにチャレンジしたいです。

 

Atelier Alice のショップの商品は、この壁を撮影コーナーみたいにして撮りました。

グリーンとも馴染んで、なかなかに便利です。

Hさん、Mさん、ありがとうございました。

square_rabbit_white02