ミシンを買い換えました ジャノメエクールM500

こんにちは、Atelier Aliceオーナー、イラストレーターの歓崎花鈴です。

 

長年使っていたミシンが壊れてしまいました。

完全に壊れてはいなくて、

後ろ向きにしか縫えなくなってしまい、

縫い目の幅も調整が効かず・・・

 

わたしが17歳でうちを出る時に、母に譲ってもらったミシンなんですよね。

直ってまた使えたらいいなあと、

近くのジャノメさんにお電話すると

すぐ修理に来てくれました。

持っていかなくて済んでホッ。

 

診て(?)いただくと、歯車の経年劣化かもとのこと。

30年以上前のミシンですから案の定、部品はなく、

オーバーホールに出しても直る保証はなく、

もし直ってもすぐ不具合が出る可能性も高い。

 

うーむ。

ミシン、毎日使うものではないけれど、ないと困る・・・!

しかたがないー

この前アリスのオリジナルプリントの布を作ったので

アリスの布

これから先、いろいろ縫いたいものがあるし。

今、子供部屋のカーテンも縫いかけのまま。

「これは経費だ!」(と言い聞かせ)

思い切って買い換えることにしました。

下取りという形で、三万円割り引いてくれました。

(三万で簡単なミシン買えそうだけど)

 

ミシンには性能とお値段ですごく幅があるのだけど、

ベテランの社員さんに一時間近く解説していただき、

中の上くらいのを選びました。

「エクールM500」

 

最高ランクは、パソコンとつないで自由なデータで刺繍できるミシン。

心惹かれたんですけどね・・・

うん十万なので、仕事で使うんじゃないとねえ。

本業はイラストレーターですし><

いつかそういう商品を作るようになったら導入しよう!

 

最低ランクは、とっても安いけど部品の材質がちゃちいのですぐ壊れるそうな。

ミシンの老舗ジャノメであっても、

手芸屋さんなどの要望でリーズナブルに作っているらしく

すぐ故障して修理になり、修理代で一万を超えると

安物買いの銭失い、になっちゃうそうです。

年の功でそれは想像がつくんですよね・・・

さて、新しいミシンの使い心地は。

 

30うん年の進化を経て、

めちゃくちゃいいです!

 

安定感抜群、布送りしっかり、音が静か、

自動糸通し、自動糸切り、

ボタンホールはボタンの大きさを自動で測って

ぴったりサイズのホールをスイッチひと押しで作ってくれちゃう。

 

いや〜感動的で。

さっそく、枕カバーを縫ってみました。

赤いのはわたしの、緑のチェックは子どもの。

もう格段に縫いやすい〜〜

 

音が静かなので、ラジオを聴きながら縫えるのもいいな。

しばらく縫い物にはまりそうです♪

 

 

IKEAの布でカーテン作り。模様替えの記録

こんにちは、Atelier Aliceオーナー、イラストレーターの歓崎花鈴です。
 
IKEAの布でカーテンを作ってみました。久々のミシンです。
 

rectangle_large_efbe47e61998f85c98775bac17e4cc5c
 

引っ越して1年経とうというのに

とりあえずの布を洗濯バサミで止めたままでした…

before

picture_pc_341d171de832b43399e7d91a45772d81

 

カーテンは柄が気に入ってもなかなかちょうどなサイズはなく、

結局オーダーメイドになり、予算かかりますよね。

 

縫うのはまっすぐなので、ミシンがあれば作るのもいいですよ。

 
picture_pc_eddec982f1dc9811705f2944d228ed6a

 

一人暮らしするときに、母からゆずってもらったジャノメのミシン。

安定しています。すごい長生きな家電・機械ですよねミシンって。

 

picture_pc_d3aec20c03cb235d212706629192bf84
 
こういう、縫い付ければフックがかけられてプリーツカーテンも簡単にできる、

プリーツテープなるものがあるんですね!いまどきは。

今回はフラットなカーテンなのでとても簡単でした。

after

picture_pc_fca582c726b9a6b5c00166e2cd83d4bb

 
ひだのない、ロールブラインドみたいな感じに。

おうちせまいので、ひだなしで少しでもスペース確保。

 

picture_pc_1fc23293bd068d703ef11f6cc2106fac
 
一気に北欧風。

お部屋明るくなって子どもたちにも受けが良かったです。

カーテンがきれいになると、壁紙の汚さが際立つ・・・

ので、早く壁を塗りたくなってきました。

セルフリフォーム長い道のりです。

 

 

洋裁は簡単なものしかつくれませんが、

アリスのモチーフを散りばめた布をデザインして、

いろいろ雑貨を作ってみたいなあと思っています。

楽しみです^^

 

 

 

ミントグリーンの壁で白い家具を引き立てる。セルフリフォームの記録

こんにちは、Atelier Aliceオーナー、イラストレーターの歓崎花鈴です。

古いおうちに引っ越して1年、お仕事の合間にセルフリフォームしています。

セルフリフォーム ペンキ

 

これまで白ペンキでちまちま塗ってるだけでしたが、先日、センスあるお友達がふたり、お手伝いに来てくれて、

ついにダイニングキッチンの壁に着手しました。

色は好きなミントグリーンにしようって決めていました。

築25年、前のオーナーさんはとてもきれいにお掃除してお住まいでしたが、さすがに壁紙は汚れていまして。

家具もたくさんあったので、跡がだいぶ気になっていました。

 

食器棚をどかすのは大変だから、見えるとこだけ塗ろうかな~と私が言ったら、

すかさずお友達二人に却下されました…

さすがこだわるクリエーターさんたち。がんばって食器棚移動。

どかした棚の陰で暗いですが、いよいよ塗り始めました。

picture_pc_726aa7501062f10f955982fb895ae20b

 

というかほとんど塗ってくださいました。

ローラーだと速いこと速いこと…

塗ってる時間より家具移動してマスキングしてる時間の方がかかっています。

なんでも準備のほうが時間がかかるものですよね。

 

picture_pc_d8f053aaec254ac195ce44e8cee27411

 

この色で塗るのは壁二面の予定。他は白で塗ります。今日はこの色だけ。

水性ペンキでにおいもなく、すぐに乾きます。

家具をもどしてみると・・・

 

 

picture_pc_f374efd276ed91558ea3aac82f75b441

びっくりするほどきれいに仕上がりました。

夜なので写真暗いですが。

一度塗りしかしなかったです。壁紙の上から塗ってます。

Before画像を撮っておけばよかったです。

 

picture_pc_acf0251f643849b343a356f85b5a70f7

 

壁が時計と同じ色になったら変かな?と思ったけど面白いですね、わざと合わせたみたい。
picture_pc_ff7aa02ba6faccc3889b2a42777e00f9

 

翌朝です。

白い家具が引き立つようにしたかったので、うまくいって大満足。

左側の壁は塗ると黒板になるというペンキで塗る予定です。
picture_pc_f25615c1eeed7ff2516843a1415510dd

 

トースターもきれいにして、ラナンキュラスを置いてみて。

いい感じです。
picture_pc_7ab7ebdc6caf89fe3fdfd2acf34a7007

 

薬棚にはお友達のフォトグラファーさんの写真集、アクセサリーが入ってます。

ドアは白で塗りたいです。

そして壁がきれいになると案の定、天井の汚さが目立つ…

天井を塗るのは大変でしょうね。
picture_pc_d32a20782b8c8c21535189fb33da09ba

 

パリの子ども部屋っていう写真集が好きで、そんなイメージをしています。

このあと訪れたお客さんにも好評です。

壁塗るだけでこんなに雰囲気変わるんだなって新発見。

ほかの色も試してみたいです。

 

水性ペンキは水で洗えて、乾くと耐水性になる、アクリル絵の具みたいな感じ。

匂いもなく扱いやすいです。

広い面積に色がはいると、がらっと雰囲気変わって楽しいですね!

今度は黒板ペンキにチャレンジしたいです。

 

Atelier Alice のショップの商品は、この壁を撮影コーナーみたいにして撮りました。

グリーンとも馴染んで、なかなかに便利です。

Hさん、Mさん、ありがとうございました。

square_rabbit_white02