Atelier Alice Twitterはじめました⭐︎

こんにちは、Atelier Aliceオーナー、イラストレーターの歓崎花鈴です。

 

私はTwitterはイラストレーターの かんざきかりん のアカウントを使っていましたが、

今日は思い立って、Atelier Alice のアカウントを新設してみました。

もともと、イラストのお仕事と分けたほうがいいとは思っていたのですが、

そのうちと思って、いつでもいいしと、なかなか。

 

きっかけは先週末の伊豆小旅行かもしれません。

 

お友達や、初めて会った方と普段できないような内容のおしゃべりをしたり。

それから帰りに立ち寄った海岸の景色が素晴らしかったのです。

滝と波の音、太陽のキラキラの光、アイスブルーの波、不思議な岩。。。

自然なのにバッチリな構図。(いつも取材にいって描きたいなあ)

パワースポットな神社にも立ち寄ったせいか、

なんだか頭スッキリして帰ってきました。

 

 

私はターシャ・テューダーが昔から大好きなのですが

ターシャの言葉に「思うように生きればいいのよ」というのがあります。

それが座右の銘と思っていましたが、

自分の「思うように」って意外とわかっていなかったり

家族や周囲、社会の常識に合わせるのが無意識に当たり前だったりして

実践できている気はしていませんでした。

 

なのですが、浄化で余計なものが流れたのか(?)

それをやっていい、できるという気がして。

好きなものを好きと言い、暮らしたい暮らしをして

それについてとやかくいう人がいても

それはその人の問題で、私と関係ないのだし

何を遠慮することがあるの?

だってその人も、思うように生きればいいじゃない。

 

不思議の国のアリス イラスト

 

というまるでアリスになりきったような気分になりました。

(私はアリスは右脳的だと思っているのです。)

 

私は、絵を描くのが好きな人と思われますが、

本当はそれが一番じゃないのだと思います。

 

じゃあ何が?というのをこれから書いていきたいと思います^^

 

なんだか散漫ですが、そんなわけでtwitterアカウント、

 

かんざきかりん では、

イラストやアニメーション、お仕事に関わることを

 

Atelier Alice

アリスの原作の考察と、自分の好きな暮らしや想いについて

 

遠慮なくつぶやいちゃおうと思います。

あ、もちろん自分の作った雑貨も宣伝するんでした!

 

あらためまして、

どうぞよろしくお願いします。

 

Atelier Alice ロゴデザイン完成

こんにちは、Atelier Aliceオーナー、イラストレーターの歓崎花鈴です。

 

ついに、ショップのロゴが完成しました!

じゃーん。

 

ATELIER ALICE

 

イラストは、私が最初に描いた横向きのアリス。

それをブローチデザインの時計の文字盤の中に入れました。

色数はしぼって、大好きな水色と赤紫。

 

そして Atelier Alice の文字は、

以前から機会あればロゴデザインをお願いしたいと思っていた、

デザイナーの奥田雅之(デザイン事務所みやびや)さん

にお願いしました。

かっこよくて嬉しい♪

 

アリスはグッズなどではガーリーな雰囲気や、幼児向けデザイン、

またはゴスロリっぽいのが多い気がするのですが、

私は原作からしてアリスは女の子っぽくないと思っているので、

かっちり目のロゴにしてくださいとお願いしました。

そしてイラストがあるので、文字自体は読めないほど凝らないであっさりめで

でもちょっと優雅な感じ?

 

そんなオーダーをしまして、

いくつも提案していただき、最後には「i」にハートマークを仕込んでくれて

ちょっぴり甘さをプラス。

ファッションもデザインも甘辛のバランスが大事!

とっても満足しています。

いろいろアドバイスもいただき、さすがプロだな〜と思いました。

お忙しい中、本当にありがとうございました。

 

さっそく、ショップタイトルも、

テキストを打ち込んであったのをロゴ画像に差し替えてみました。

 

before

 

after

 

グレードアップした感じがしますね♪

トップ画像の下には、アリスマーク入りのロゴを設置。

 

 

 

スクロールするとこんな感じ。

 

わー、なんだか我ながらブランド感がアップしました♪

よかったらTOP画像ご覧くださいね → Atelier Alice

 

素敵なロゴに見合ったショップになるよう

これからも作品づくりがんばっていきたいです。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

 

チャイナ・ライセンシングEXPO2017ご報告   

こんにちは、Atelier Aliceオーナー、イラストレーターの歓崎花鈴です。

先週、10月18日〜20日の三日間、上海で開催された

チャイナライセンシングEXPO2017 に出展してまいりました。

私にとってははじめてのライセンス展、

新しい試み、勉強で

慌ただしく準備をし、至らなかったこともありましたが、

とても楽しく有意義な体験ができました。

会場はこちら、上海新国際博覧中心。

東京ビッグサイトのような感じです。

平屋(?)でだいぶ広かったです。

 

日本では冷たい雨続きでしたが、こちらは曇りで助かりました。

大きな三角形の中庭、ここは催しによっては野外ステージにもなるのかな。

いろんなキャラクターの人形、オブジェが並んでいました。

 

こちらは会場前の広場。

 

今回、中国のおもちゃ、子ども用品のショーも併催されていて、

ライセンス展は比率としては2割くらいでした。

ライセンシングEXPOE2ホールはこんな配置。

ピンクで囲われているのがジャパンパビリオンです。

 

ジャパンパビリオンの、クリエイターブースの一角をお借りしました。

今回7人のクリエイターでの参加、

ご一緒させていただいたことでいろんな話もできて、展示も拝見して

とっても勉強になりました。

また、日本からの出展社さんともお話したり名刺交換できて、

世界が広がりました。

背面のポスターは、協会の方で原稿を取りまとめて、現地で印刷していただきました。

発色きれいで大満足です。アリスだけ新作しました。

解像度150くらいでしたが充分でした。

 

ライセンス展ですので、チラシは少なめで350部くらい持って行きました。

中国語版で余っても国内で使うこともないし、持って帰るとなったら重いので

全部まいてくるのが目標でしたが

どうも一般の方の来場者も多いのか、どんどんなくなってしまいました。

 

会場はお客さんの波があって、空いたり混雑したりでした。

広いせいか、クリエイターEXPOやデザフェスよりゆったりしていましたが

立ち寄る方はやはり目的あってきてる方が多いので盛り上がっていました。

 

ところでご覧の通り、私のコンテンツだけ異色だと思うのですが、

案の定、いま中国ですぐに必要とされているのはデフォルメの効いたキャラクターのようでした。

並催されているのがおもちゃ、子ども用品というのもあったかもしれません。

アリスは日本より知られていなさそうです。

そんなわけで私は割とみなさんより暇でした^^;

しかし台湾の会社の方に、

あなたの絵は少し年齢層が高めに合っていて台湾向きです、と言っていただき、

他にも同じご意見を伺ったりしました。

最初から台湾に狙いを定めていたので、とても嬉しいです。

来年は台湾に行けたらいいなと思っています。

 

中国はこれからキャラクタービジネスが大きく展開すると予想されています。

街を歩いていると変わった建物やオブジェをよく見るので、

派手好き、変わった物好きな国民性を感じます^^

なので、デフォルメの効いた、ひねりのあるキャラクターが受けそうだなっていうのが

私の予想です。

私のアリスは、絵画的、文学的、インテリアを含めて目指しているので

いますぐの需要は見込めなそうです。

でもだから先駆けとしてチャレンジするのも、いいのかもしれませんし

グッズでないところから切り込んで行くとか、戦略が要りそうです。

 

そんな風に俯瞰して自分のコンテンツ、国による違いなどを考えることができたのが、

やはり行ってみなければ分からなかったことでとても画期的でした。

 

昨年描いた日めくりカレンダーの絵に2枚描き足して、動画絵本にして展示しました。

近々youtubeでも公開したいと思います。お楽しみに!

日野氏に作ってもらった木のブローチやミニ額は人気で

手にとってしげしげと見つめられることが度々ありました。

売ってくれますか?って聞かれたほどです(通訳してもらいました^^;)

凝った細工といえば中国人の十八番?な気がしますが、

こういうのも好まれるみたいです。

 

 

今回のEXPOをご縁にお会いした方、お世話してくださったCBLAの皆様、

一緒に参加したクリエーターの皆様、

通訳でご尽力いただいた台湾のエージェンシーSTUDENさんのお二人

応援してくれたお友達、SNSのフォロワーの皆様、

留守に子どもたちを助けてくれた友達、家族、

何もかも本当にありがとうございました。

 

中国はこわいイメージを持っていたのが、

近年お仕事などのご縁で変わってきていて、

今回、街でも親切にしていただいたことも多々あり、

食べ物は何もかもおいしくて、すっかりイメージがかわりました。

上海と他の都市でまた違うのかもしれませんが!

また、無愛想で合理的なのも、性格の違いなんだなあと。

日本人は人に気を使いすぎて心病んだりするけど、

自分に正直な方が元気ですね。

パワフルできっと鬱病の人口は少ないだろうなあと思いました。

 

せっかくなので、充実していたアフターファイブの観光編もまとめたいと思います。

お楽しみに!