アリスの日めくりカレンダー01

こんにちは、Atelier Aliceオーナー、イラストレーターの歓崎花鈴です。

秋のデザインフェスタ(2016,11/26~27 東京ビッグサイト)に出展予定です。
そのデザフェス合わせで、初の作品集のようなものを企画しています。
間に合うのかどうか、ドキドキです^^;

 

アリスの日めくりカレンダー
一日目
alice_himekuri_01_a

「だれがなんといっても、うちのダイナは世界一の猫なのよ。」

ダイナはアリスの飼っている猫です。不思議の世界にはお供しませんが、
それはそれは有能な(ねずみをつかまえるのが上手な^^;)猫だそうです。
お話しの中でアリスが、
ねずみや鳩にダイナの有能ぶりを夢中で話して、逃げられちゃう場面がありますよね。
猫といえばアリスではチェシャ猫。チェシャは縞模様の猫ですが、
私はダイナは毛の長いふさふさの洋猫をイメージしています。

「だれがなんといっても、うちのダイナは世界一の猫なのよ。」

こんなセリフがあるわけではないけれど、アリスはこう思っているでしょう。
「世界一好き」といいきれる強さがまぶしい。

「これが好き」っていいきることって、簡単なようでいて、
意外と自分が何を好きかってわすれていませんか?
私は人生で好きなものはハッキリしてるつもりでしたし、
(実際、雑貨とかえらぶのうるさいですから)
それに「好きなこと(絵を描く)を仕事にしていていいね~」といわれることもしばしば。

それなのに、何を描きたいか今まではっきりしていませんでした。
絵はお仕事で描くのが普通だったので。
人のため、収入のために描いてきたのですが、
ここ2年ほど、noteというSNSで自由ののびのびお絵かきをアップするフォロワーさんをみてきて、
キラキラ輝いてていいなあ~と思いました。
そのキラキラは「愛」とか「感性」でもいいますか、技術じゃないんですよね。

「技術は人を感心させる。愛は人を感動させる」

座右の銘じゃないですけど、なんとなく昔からこう思っておりました。

はて、私は何を描きたいんだろうと思うようになりました。
そして子どものときは児童文学やファンタジー、外国のお話しが好きだったのを思い出しました。
どうして日本に生まれたんだろう、残念!と思っていましたっけ。
漫画も、学園もの少女漫画より、外国や異世界のが好きでした。

そうだった、そして挿絵が好きでした。
物語の一場面のように描くのが好き。
そんなわけで、今、初めて好きなものを描きはじめました。
自分の中で記念すべき作品集になりますように。

さて、うんちくよりどんどん絵を描かねばなりません^^;
がんばってまいります♪
今月は毎日イラストをアップしていく予定です。
facebookページをフォローしていただけると、楽しめるかと思います。
https://www.facebook.com/atelieralice.info/

 

追記
noteはトーク、画像、音声、動画、4種類のコンテンツをアップし、お値段をつけて販売することもできるSNSです。
興味のある人は気軽に始めてみてくださいね。(cakesのまわしものではありません^^)
創作の好きな人が多いので、私はとても楽しませてもらっています。
私のアカウントはこちら
https://note.mu/karin_k
note

アリス秋のティータイム☆新作イラスト

こんにちは、Atelier Aliceオーナー、イラストレーターの歓崎花鈴です。

まだまだ残暑厳しいですが、とにかくやっと夏休みが終わりました、

9月です秋です。

秋といえばおいしいものいっぱいです♪ が、まずは栗が楽しみ!そこで。
 

モンブランケーキでお茶をどうぞ

 

アリスのティータイム
あとで水彩画で仕上げようと思って、久しぶりに鉛筆で線画を仕上げてみました。
がさがさしているのが味です。
食器を描くのは簡単そうでいて難しいです。
みんなよく見慣れているものなので、大きさや形がよくわかっているから
変だとすぐバレちゃいますし、パースにのっていて違和感無いことも大事。
お疲れ様ってお茶を入れてもらえる幸せを、思い出しながら描いてみました^^

 

夏休みの子どもたちの世話やら行事、宿題に翻弄された、

全国のお母さん(お父さん)たちに、お疲れ様!とねぎらいたいです^^;

わが身もねぎらいたいので、9月には毎年、

すてきなカフェでモンブランをいただくことにしています。

ことしはお友達と約束してお出かけ予定。

楽しみです!

 

さて、ケーキに浮かれてばかりもいられません、

今年は秋のデザインフェスタに出展します。

そちらの準備などもお知らせしていきたいと思っています。

プレゼント企画もたてているので、どうぞお楽しみに。

 

「不思議の国のアリス」水彩画の便箋ができるまで

こんにちは、Atelier Aliceオーナー、イラストレーターの歓崎花鈴です。

今日は、昨年秋のデザインフェスタ出展に合わせて制作した

アリスの一筆箋、企画から完成までをご紹介したいと思います。

アリス便箋

私は普段、イラストのお仕事をしていまして、

納品を終えると、請求書を先方様に郵送するのですが

そのとき一言御礼を添える一筆箋が重宝しています。

一筆箋って、封筒に折らずに入る、縦長封筒サイズの小さな便箋です。

ちょうど、デザフェス前にずっと使っていたのが尽きてしまったので、

この機会に新しいのを作ろう!と思い立ちました。

まずは大ラフ案を描いてみます。。。

アリス便箋ラフ

 
アリスとチェシャ猫。

アリスと時計ウサギ。

動物たちと駆けっこするアリス・・・

3案描いてみて、どれがいいかなーと考えます。

ウサギの絵は前回のデザフェスのとき、水彩画で描いています。

不思議の国のアリス イラスト

 
今回はデザフェスで一緒に出展する作家さんが、猫の雑貨がメインということもあり、

私も合わせることにしてチェシャ猫案にしました。

一番右の、駆けっこの絵は横構図なので、縦長の一筆箋には合わなそう。

これは次回に見送りです。

さて、この大ラフ案をもとに線画を仕上げます。

alice_ippitu_sen72

 

これを水彩紙に転写し、木製パネルに水張り。

 

アリス水彩画

 

よく乾かしてから、透明水彩絵の具で着彩していきます。

 

まずは薄い色から。

 

アリスの挿絵

 

何度も重ねて塗っていきます。この二本の筆で塗りました。

これでほぼ塗れたところ。このあとホワイトをいれて仕上げます。

チェシャ猫イラスト

 
チェシャ猫は、色鉛筆で毛並みをいれてみました。

ちょっとつぶらな瞳で、あんまりこわくないチェシャ猫になってしまいました~

アリス便箋

 

スキャナーでパソコンに取り込み、補正などをして

便箋の罫線と組み合わせ、

仕上がりをみるために一筆箋のサイズにおうちのプリンターで出力してみました。

うん、これでいけそう。

データを印刷の形式にして、前回もお世話になった印刷所さんに入稿しました。

待つこと2週間くらい。

そして完成したのがこちら!
 

不思議の国のアリス便箋

 

不思議の国のアリス便箋

 
とてもきれいに仕上げていただき、

淡い水彩絵の具もイメージどおりにできて、よかったです!

ほんとうに届くまでドキドキしていました。

自分のイラストが、普段使えるものになって戻ってくると嬉しいです。

この一筆箋はこちらで販売しています。

https://www.atelieralice.jp/product/alice_stationery/

 
産地直送ならぬ、イラストレーター直送でお届けしています。

普段使いや、ちょっとしたプレゼントに、いかがでしょう^^